興味津々!「魔法のバスソルト」の効果とは?

写真拡大

お風呂に入浴剤を入れるとそれだけで子どもは楽しそう。色がついたり、いい香りがするお湯に浸かっていると、特別なお風呂タイムになりますよね。

みなさんはお風呂に入浴剤、入れてますか? バスソルト、アロマオイル、炭などいろいろありますが、小さな子どもがいるおうちでは香料など気をつけたいところ。そこで今日は私が気になる入浴剤を4つご紹介します。

H2バスパウダー



160405_bathrie1

健康食品としても有名な水素水。それより効果的なのがお風呂に入れることだそう。水素という非常に小さい分子が肌の細胞レベルまで浸透してくれて、プルプルお肌になるとか。これは子どもだけでなく、キレイに敏感な女子は絶対入らなくちゃ。

バスティー


160405_bathrie3

いわゆるハーブ湯ですが、こちらはお茶にして飲めるくらいの高品質なハーブだとか。 贅沢です!

エプソムソルト


160405_bathrie2

ソルトと言っても塩ではなく、硫酸マグネシウムというミネラル成分。見た目が塩っぽいからそう名付けられただけだそう。

こちらは汗をものすごくかけるということでデトックス効果が期待できます。何より水道水に含まれる塩素も中和してくれるのがうれしいですね。

魔法のバスソルト


160405_bathrie4

「魔法の」なんてネーミングに期待感があります。

見た目もきれいで、これは絶対手にとって遊びそう。ヒマラヤの塩なんですが、特に硫黄成分が濃く入ったブラックソルトが気になります。入れたら即温泉に早変わり!

紹介したバスティー、エプソムソルト、魔法のバスソルトは口に入っても大丈夫な成分。なのでパパママも安心ですね。

バスルームを使うだけできっとその日の疲れを癒してくれるだけでなく、気分が上がって、豊かな生活になると思います。こういった小さなことから始めてみるだけで、日々の生活がグッと潤いのあるものに変わりますよ。ぜひチャレンジしてみてください。

なお、紹介した4種類は、お風呂のソムリエ「バスリエ」で取り扱っています。光触媒の炭やレンガのように大きな石けんも扱っていたり、こだわりバスグッズのお店です。

購入はこちらから。

[BATHLIER]