15日、映画「霹靂再現」の制作発表会が北京市で行われ、人気ユニットF4出身のヴァネス・ウーが出席。ユニット仲間のケン・チュウの結婚について語った。

写真拡大

2016年4月15日、映画「霹靂再現」の制作発表会が北京市で行われ、人気ユニットF4出身のヴァネス・ウー(呉建豪)が出席。ユニット仲間のケン・チュウ(朱孝天)の結婚について語った。国際在線が伝えた。

【その他の写真】

今月25日にクランクインする新作映画「霹靂再現」は、超能力を持つヒーローを描くSFアクションコメディ作品。ドラマ「流星花園〜花より男子〜」で知られるF4出身のヴァネス・ウーが主演し、韓国の人気グループ・神話(SHINHWA)のチョンジンが対立する悪役で出演する。

15日、北京市で行われた制作発表会に、チョンジンを除く主要キャストが出席。北京の路地裏に住む“科学おたく”のヒーローを演じるヴァネス・ウーは、もし自分にも超能力があれば、「空を飛んでみたい」とコメント。これまでにない今回の役どころについて、「挑戦するのは大好き。現実の自分とかけ離れていればいるほどうれしい」と意欲を語った。

このほどF4出身のケン・チュウが、中国人女優との入籍を発表した。披露宴は北京と台湾で行われる予定だが、ここでF4の4人が再集結するのか早くも注目されている。その件について、すでにケン・チュウと話し合ったことを明かしたヴァネス・ウーは、「時間が許せば全員で集まりたい」とコメント。また、デビュー以来の仲間の結婚を、とても喜んでいると語っている。(翻訳・編集/Mathilda)