言うは易く行うは難し――。この言葉どおりのことが現在の中国で起きている。中国メディアの企業観察網は、最近中国で話題になっている「匠の精神」がなぜ中国企業に見られないのか考察している。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 言うは易く行うは難し――。この言葉どおりのことが現在の中国で起きている。中国メディアの企業観察網は、最近中国で話題になっている「匠の精神」がなぜ中国企業に見られないのか考察している。

 ドイツや日本、米国などの国には「匠の精神」に類似する言葉が存在し、1つの仕事に打ち込み、質の良い物を生み出す企業がたくさん存在する。中国で「匠の精神」という言葉が注目され始めたのはつい最近であることから分かるとおり、中国には「匠の精神」を持つ企業はほとんど存在しない。一体これはなぜなのだろうか。

 記事は、中国に「匠の精神」が存在しない理由を挙げているが、1つ目の理由は「中国人は肉体労働が知的労働に劣ると思っている」点だという。中国では体を使う仕事は見下されているのが現状だ。日本では農家も「頭脳」を使い、付加価値の高いブランド作物を生産しているが、中国ではそのような作物を見ることはあまりない。

 もう1つの理由は「中国には匠の精神の歴史と伝統がない」点だ。以前の中国にはすばらしい伝統技術があり、世界でもっとも先進的な国家の1つであった。過去の日本も中国に多くの人を派遣し、様々な技術を学んできた。しかし、現在では1つのことに打ち込むのではなく、安易に儲けようとする風潮がある。こうした風潮が改善されなければ中国の産業は先細りしてしまうだろう。

 それだけでなく、中国では不正を行ってでも儲けようとする傾向があり、現在中国市場には多くの偽ブランドや偽装食品が溢れている。中国人自身も自国の商品を信用しておらず、海外の商品を大量購入している。

 中国が「匠の精神」を目標にするのはすばらしいが、実際に行うのは簡単ではない。まずは「モラルの向上」から始めてみる必要があるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)