ジャルジャル オール阪神から番組出禁を言い渡された過去

写真拡大

17日放送の「ゴッドタン」(テレビ東京)で、お笑いコンビ・ジャルジャルが、オール阪神・巨人のオール阪神から番組出禁を言い渡された過去を明かした。

番組では「我々では持て余す芸人」略して「ワレモテ芸人」と題して、ジャルジャルと笑い飯が登場した。「ワレモテ芸人」とは、「我々では持て余す芸人」の略だ。番組では「なぜこの2組を番組に呼べなかったのかを解明し、今後いろんな企画にオファーしやすくする」ため、問題点を探っていった。

東京でやりにくいことについて聞かれると、ジャルジャルの後藤淳平が「東京の番組って大御所さんとか有名な方」「テレビで見るような方ばっかりなんで緊張してしまうんで全員素人やと思い込んで臨んでいます」と明かした。

劇団ひとりが「何かあったの? 大御所と失敗とかあった?」と尋ねると、相方の福徳秀介が「大阪ではちょいちょいあった」「ラジオでボケすぎて阪神師匠に怒られたりとか」といい、オール阪神との間に起こった過去のトラブルについて口を開いたのだ。

福徳によると、以前オール阪神のラジオ番組にゲスト出演した際、喜んででもらおうと思って質問にまじめに答えず、全てボケで返していたという。すると後日、オール阪神から連絡があり「もうジャルジャルは(ラジオ番組に)出すな」「普通に喋るヤツを呼べ」と連絡が入ったのだそう。

この告白を聞いたおぎやはぎは苦笑い。その後、笑い飯の哲夫がボケトークを繰り広げると、矢作兼は「いやいや、もっと普通の話できる子呼んでって言われるよ」とオール阪神のエピソードを絡めながらツッコんでいた。

【関連記事】
三四郎・小宮浩信が体験した壮絶ないじめ…熱した硬貨を額に押し付けられる
キングコングの西野亮廣が涙 劇団ひとりにTシャツを破られる
松丸友紀アナウンサーが無礼な一般女性をFacebookに晒したことを告白