17日、熊本県を中心に相次いでいる地震を受け、中国の愛国主義教育基地「南京大虐殺記念館」が投稿したツイートが、中国国内で反響を呼んでいる。写真は同館のウェイボー公式アカウント。

写真拡大

2016年4月17日、14日夜から熊本県を中心に相次いでいる地震については、中国でも関心が高い。中国外交部の報道官は16日、「死亡した人への哀悼と、遺族や負傷者へのお見舞いを示す」とする談話を発表し、日本政府にもお見舞いを伝えている。

こうした中、中国の愛国主義教育基地「南京大虐殺記念館」(江蘇省南京市)が15日夜、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の公式アカウントで投稿したツイートが、中国国内で反響を呼んでいる。投稿から1日余りで、約2万人にシェアされ、1万人以上が「いいね」を押した。

ツイートでは「熊本出身者を中心に編成された大日本帝国陸軍の第6師団と第106師団は日中戦争における中国侵略の主力であり、第6師団は南京大虐殺の元凶だった」とした一方で、「熊本県日中友好協会の関係者が20年以上も毎年欠かさず、南京大虐殺記念館を訪れ犠牲者を弔問していることを知ってほしい」とし、「熊本県日中友好協会の皆さんはご無事でしょうか。とても心配しています」と結んでいる。(翻訳・編集/柳川)