今や世界最大級の「がん大国」となっている中国。その発見、治療体制の整備が喫緊の課題と言えるが、それ以上に解決しなければならない問題がある。それは「信頼」だ。中国メディア・捜狐は、日本と中国の医療事情における差について論じた記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF) 

写真拡大

 今や世界最大級の「がん大国」となっている中国。その発見、治療体制の整備が喫緊の課題と言えるが、それ以上に解決しなければならない問題がある。それは「信頼」だ。中国メディア・捜狐は、日本と中国の医療事情における差について論じた記事を掲載した。

 記事は、現在中国ではがんが最大の死因となっており、世界で毎年がんで亡くなる約700万人のうち24%、すなわち5人に1人以上が中国人であると紹介。中国では「早期発見・早期治療」に対する市民の意識が低いうえ、がんを発見する技術や最先端の検査機器が深刻な不足状態になっていると指摘した。これにより、中国におけるがん患者生存率がわずか13%と、日本の68%に遠く及ばないとしている。

 では、「早期発見・早期治療」の観念が浸透し、最新鋭の検査機器が整備されれば、中国でもがん患者生存率は上昇するのだろうか。一定の効果はあるだろうが、それ以前に「市民を安心して病院に行かせる」環境を整えなければならない。

 記事は、日本人が1年間に病院にかかる回数が1人あたり14回に上るなど、医療に対する信頼が高いことを紹介する一方で、中国では近年医療業界に対するネガティブな報道が後を絶たず「本国の医療に対する信頼不足の現象」につながっていると解説。さらに医療環境が悪い、スタッフの態度が冷たいというイメージがすっかり一般化してしまっていることを挙げた。

 記事は、中国の病院は技術面、サービス面など全体的に「国民の要求レベルに到達していない」と指摘。高額な治療費を請求される一方で治療国化が低く、入院も難しいといった状況が、中国人を日本など外国の医療サービスに赴かせる要因になっていると断じている。

 中国では、医師や製薬会社の利益が絡む薬品の過剰処方、抗生物質の濫用、病院と患者の対立など、さまざまな問題を抱えている。一度根付いたネガティブなイメージを払しょくするには、並々ならぬ努力が必要だ。中国の医療業界も食品業界などと同様、「信頼」を回復するための変革の必要に迫られているのである。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)