新社会人は要注意!一人暮らしの食事で太らないコツとは?

写真拡大

 新社会人になって一人暮らしをはじめた人も多いこの時期。毎日ちゃんと食事を摂れていますか?一人暮らしなら献立に気を遣うことは少ないかもしれませんが、とはいえ好きなモノばかりを食べ続けていては、栄養バランスは偏りがちに。肥満や美容トラブルに繋がる原因にもなりかねません。

 一人暮らし女性の食習慣で一番大切なのは栄養のバランス。たとえば、主食としてご飯やパンを食べるなら、必ず主菜のおかずに肉や魚などを一品添え、副菜として小鉢を1〜2品プラスして野菜類を上手に補うことを心掛けましょう。

 これは、栄養バランスの面はもちろんのこと、カロリーを摂りすぎてしまうことも防げます。副菜の典型的な例は煮物やほうれん草のおひたしなどです。

 外食でも同様です。たとえば牛丼屋さんで牛丼を頼んだら、ご飯と上に載った牛丼の具で主食と主菜がそろっていますから、そこに小鉢としてサラダや漬け物、野菜たっぷりの汁ものなどを添えて栄養バランスをとりましょう。

 一人暮らしはなにかと主食だけで済ます食生活になりがちですが、しっかり副菜をとって、仕事も美容も充実した女性になりたいものですね。