「生野菜を食べなかった子がサラダ好きに!」「魚嫌いが直った!」……今、ある学園の「給食」が注目を集めています。それはかつての五千円札の肖像としても有名な、日本初の農学博士・新渡戸稲造が初代校長を務めた「新渡戸文化子ども園」の給食。そこで生徒たちの投票でとくに人気の高かったレシピを一部ご紹介します! 今回は第5位。ソースを一から作るという難易度の高いメニューを攻略しよう!というママたちがじわじわと増え、プチブームが巻き起こったとか。自家製ミートソースのアレンジレシピも!

人気給食 第5位|「スパゲティミートソース」 

【栄養価】 子ども 325kcal 大人 650kcal

【材料】(大人2人・子ども2人分)

スパゲティ

300g

合挽き肉

350g

にんにく

4片(20g)【みじん切り】

にんじん

200g【みじん切り】

たまねぎ

450g【みじん切り】

セロリ、青ピーマン

各100g【みじん切り】

マッシュルーム

50g【スライス】

赤ワイン

1/4カップ

サラダ油

大さじ1/2

バター

20g

パルメザンチーズ

お好み

調味料A(まぜておく)

ホールトマト(缶詰)

150g

トマトケチャップ

大さじ2

トマトピューレ

80g

中農ソース

大さじ2強



1/2カップ

調味料B(まぜておく)

しょう油

大さじ1

塩、砂糖

各小さじ1/2

<用意する道具>

ふるい/ ボウル/ 鍋2つ/ ザル/ 木べら

下ごしらえ 【休日に作って冷凍保存】

STEP1.

マッシュルームはスライスし、他の野菜を全てみじん切りにする。

(にんにくは別にしておく)

STEP2.

ホールトマトは手でつぶし、調味料Aをすべてまぜておく。

調理する

STEP1. 炒める

サラダ油を熱し、にんにく、ひき肉を炒め、

赤ワインで香り付けをする。

STEP2. 透き通るまで

野菜を全部加え、たまねぎが透き通るまで炒める。

STEP3. 粉投入

薄力粉をふるい入れ、さらに炒めてなじませる。

STEP4. 煮る(15分)+煮込む(30分)

下ごしらえした調味料Aを加えて15分くらい煮る。

アクをとり、次に調味料Bを加えて30分以上煮込む。

仕上げにバターを加える。

STEP5. スパゲティをゆでる

2Lのお湯(分量外)をわかし、20gの塩(分量外)を入れて、指定された時間スパゲティを中火でゆでる。ゆで汁を切って、ミートソースをかけたら、できあがり。お好みでパルメザンチーズをかけても。

STEP6. ミートソースを作り置きする

ミートソースは、使いやすい分量で小分けにして冷凍。

おすすめアレンジレシピ

タコライスやグラタンに!

ご飯の上に千切りレタスをしき、上からミートソースをかけるとタコライス風に。

チーズをかけてオーブンで焼いてグラタン風にもできます。

【おすすめの栄養バランス献立】 

マークの意味:○力になる ■肉や骨を作る ▲体の調子を整える

○▲■ミートソーススパゲティ・○▲コーンサラダ・■牛乳・▲○フルーツゼリー

鮑子先生より

ミートソースには野菜がたっぷり! お口のまわりにミートソースをいっぱいつけながら、みんな夢中になって食べてくれるメニューです。苦手な野菜も刻んで煮込みましょう。「知らないうちに苦手な野菜も食べられたね!」とお話しするとみんなびっくり! 野菜克服のきっかけになればと思います。