14日、上海ディズニーランドは6月16日の開園まであと約2カ月となった。「香港VS上海」の客取り合戦のゴングももうすぐ鳴らされる。写真は左が香港、右が上海ディズニーランド。

写真拡大

2016年4月14日、上海ディズニーランドは6月16日の開園まであと約2カ月となった。「香港VS上海」の客取り合戦のゴングももうすぐ鳴らされる。そして、どちらのディズニーランドに行く方が得か、そろばんをはじいている人も多い。新華網が伝えた。

1.チケットの値段

上海ディズニーランドのチケットの価格は、開園時や障害者、シニア、小人を除いて、大人料金で平日は370元(約6300円)、休日や繁忙期は499元(約8500円)。香港ドルに換算して、香港ディズニーランドと比べると、上海ディズニーランドの平日のチケットのほうが安い。しかし、休日や繁忙期の値段となると、上海の方が高く、開園から15日間(6月16〜30日)までは499元で統一されている。

また、上海ディズニーランドの2デーパスポートは5%オフで、約703元(約1万2000円)。香港ディズニーランドは739香港ドル(約1万300円)。香港ディズニーランドに軍配が上がる。

2.規模

香港ディズニーランドの敷地面積は126ヘクタールで、一方の上海ディズニーランドは380ヘクタール以上(一期)。今後、700ヘクタール以上になると見られ、一期以外に、二期、三期と拡大できるよう計画がすすめられている。

3.それぞれに特色

香港と上海のディズニーランドにはそれぞれの市場と特色がある。上海ディズニーランドは中国文化の要素をより多く盛り込み、世界初で中国にしかないアトラクションなども多い。一方、香港ディズニーランドの「ミスティック・ポイント」と「グリズリー・ ガルチ」も香港にしかない。

来場者を見ると、上海ディズニーランドは主に中国本土からと予測されているのに対し、香港ディズニーランドは国際化しており、中国本土や香港のほか、東南アジアなどの外国からの客も多い。来場者数を見ると、上海ディズニーランドは香港を上回ると予測されている。

4.アクセスの便利度

上海と香港のディズニーランドへのアクセスの便利度は以下の通り。まず香港は、大嶼山で地下鉄に乗り換えると、一本でディズニーランドまで行くことができる。乗り換えも便利で所要時間は1時間。市内(香港島)からなら1時間もかからずにディズニーランドに到着できる。

一方の上海は、人民広場を市の中心部とし、ディズニーランドに行くとすると、2号線に乗って16号線に乗り換え、さらに11号線に乗り換えるのが一番早い。現在、11号線に乗って康新公路まで行くことができ、ディズニーランドまで行くとすると、1時間以上かかると予測される。これには、駅への進入、各種待ち時間、最後の駅からディズニーランドまでにかかる時間も含まれている。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/武藤)