【無双状態】女子高生がサラリーマンを斬って斬って斬りまくる! さて彼女は一体何人倒したでしょうか?

写真拡大


「ひかりTV」がYouTubeに投稿していたのは、女子高生が日本刀を手にしたサラリーマンたちに立ち向かい、たった1人で次々と倒してゆくというなんともシュールな作品。『学校帰りの女子高生が駅構内で -SAMURAI JK-』です。

舞台となったのは、西武球場前駅のホーム。この場所を貸し切って撮影された動画に登場する女子高生は、 “SAMURAI” とあるとおり、侍さながらサラリーマンを斬って斬って斬りまくる!

【ツッコミどころ多し】

しかし動画をよくよく観ると、彼女が手にしている武器だけフェンシングの剣だし、人数差がどう考えても不利すぎるし、大体なんで駅構内でやり合っているのか意味不明すぎるしで、ツッコミどころが満載っ。

【注その1:この動画はクイズになっています】

なお、この動画はクイズになっておりまして、その問題は「闘剣を持った女子高生が何人斬ったか?」。

ヒントは “エキストラの人数=100人” なのですが……って、もうこれ完全に、答え言っちゃってますね。失礼!

【あなたは数えることができるかな?】

でもね、答えがわかっても100人全員数えられないくらいに展開が目まぐるしいの。しかも、サラリーマンや甲冑を来た武士に交じって “くノ一” も4名混じっているそうなんだけど、その姿を全然見つけられないの。

とにもかくにも、まずは動画をご覧あれ。女子高生の華麗なる剣さばきを堪能しつつ、斬られてゆくサラリーマンの数もぜひ、数えてみてね!

【注その2:ホームではお静かに】

そして念のため言っておきますが、同作はプロ指導のもと特別な許可を得た上で撮影された作品です。よい子のみなさまは決して、マネしないように。

参照元:YouTube / ひかりTV
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る