カルネヤ 「ビステッカ」

写真拡大

美術館・博物館で、作品研究から展覧会の企画まで、美にまつわるありとあらゆる仕事をこなす学芸員さん。美しいものを扱うお仕事だけあって、学芸員さんは美味しい食べ物に精通している方が多くいます。

ワインと相性抜群!「肉イタリアン」都内の名店まとめ【写真満載】

そんな美食家率の高い学芸員さんの中でも、三井記念美術館の小林祐子学芸員は1位、2位をあらそうほどの“美味しいもの好き”として、業界では有名です。

地球上のありとあらゆる美味いものを食べ、美への感覚を磨いている小林祐子さんのここ数年のトレンドは、ずばり「お肉」。旨い肉を求め世界中を飛び回っています。

最近では、あまりの肉の肩入れっぷりに「学芸員」ならぬ「肉芸員」と称賛の念を込めて呼ばれるまでに至っています。そこで、今回は小林祐子肉芸員さんが選ぶ、「都内の美味しいお肉のお店ベスト5」を伺ってきました。

普通のグルメサイトでは決して知ることの出来ない、本当に美味しいお肉のお店をご紹介します。

◎カルネヤ (ANTICA OSTERIA CARNEYA)

小林祐子学芸員いち押しのお店は、牛込神楽坂にある「カルネヤ」です。

今でこそ猫も杓子も熟成肉、熟成肉と言っていますが、ここのお店が日本における熟成肉ブームの震源地と考えて良いそうです。

イタリアで修業してきた高山いさ己シェフが、日本で初めて熟成肉をイタリアンと組み合わせて紹介しました。

ソースを付けず、塩、胡椒(時々マスタード)で食べるのが、一番美味しくここのお肉を食べられるコツだそうです。

「ビステッカ」は勿論ですが、「揚げハラミ」もおススメだそうです。

カルネヤ(東京都新宿区南山伏町3-6 市ヶ谷NHビル1F)

◎トラットリア・イル・フィーゴ・インゴルド (Trattoria Il Figo Ingordo)

お次は六本木のイル・フィーゴです。こちらも伝統的なイタリアン料理のお店。

シンプルな肉料理が売りで、グラム単位で炭火焼して、サーブしてくれるそうです。

骨付きリブロースもこのお店に来たら必ず注文すべしとのこと。他のお肉料理のメニューも充実しているので、一度だけでなく二度、三度と通いたくなる(実際に通っているそうですが…)お店だそうです。

国立新美術館の近くにあるので、展覧会帰りに寄ってみたいお店ですね。

トラットリア・イル・フィーゴ・インゴルド(東京都港区六本木7-19-1)

◎ヌガ (Le Nougat)

イタリアンが2軒続いたので、お次はフレンチで美味しいお肉を食べられるお店をご紹介。

ヌガは、ご存じの方も多いかと思いますが東銀座にある老舗のビストロです。外観からして如何にもビストロっぽい雰囲気を漂わせています。

ここのお店の美味しいお肉はずばり、リブロースステーキ! これ一択だそうです。お肉のまわりをカリっとさせた揚げ焼きはやみつきになること間違いなし。付け合わせにフレンチフライをオーダーすればもう完璧です。シャンパン片手に幸せなひと時を過ごせます。

ヌガ(東京都中央区銀座6-12-2)

◎ラ ピヨッシュ (La Pioche)

人形町にあるラ ピヨッシュはお肉を塊で焼いてくれるのが大きな魅力のビストロです。それだけでなく、焼いている様子を席から見えるのでワクワク感がプラスされ、余計に美味しく感じられるそうです。

牛肉だけでなく、蝦夷鹿などジビエ系のお肉も豊富にそろえてあり、何度行っても飽きないお店。また野菜焼きも種類が豊富で、特に白アスパラの時季が狙い目だそうです。

ビオワインとお肉に野菜。幸せな時間が過ごせること間違いなしですね。

ラ ピヨッシュ(東京都中央区 日本橋蛎殻町1-18-1)

◎牛かつ もと村

最後は和のお店を紹介しておきます。

豚かつならぬ牛かつのお店・もと村は、最近では都内に何店舗か支店を出しているほどの人気店となりましたが、その人気も納得の、ほとんどレア状態の牛かつは絶品だそうです。

ソースではなく、ここはわさび醤油を付けて頂くのが一番美味しく食べられる秘訣だとか。1人前は130gですが、肉芸員・小林さんはダブルの260gをぺろりと食べてしまうそうです。

「脂身がないのでさっぱりしているので幾らでも食べられちゃうの」と笑顔で答えつつ先日400gを平らげてきたそうです。天晴れ!


さてさて、いかがでしたでしょうか。5軒ともいずれも個性的でなおかつ、美味しそうなお肉のお店ばかりでしたね。

ベスト5には惜しくも入らなかった、次点のお店も紹介しておきますね。

・季楽(佐賀牛)銀座

・今半(すき焼き)人形町

・ロウリーズ・ザ・プライムリブ(ローストビーフ)恵比寿

・祥瑞(和牛ステーキ)六本木

小林祐子学芸員が勤務している三井記念美術館では、4月12日より「北大路魯山人の美 和食の天才」展が始まっています。

美味しいお肉をより一層美味しく見せる器も多く展示されます。

展覧会を観て、旨い肉を食べに行きましょう!


特別展 ユネスコ無形文化遺産登録記念
北大路魯山人の美 和食の天才

会期 2016年4月12日(火) - 6月26日(日)
開館時間 午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日 但し、5月2日(月)は開館