「男女の友情は成り立つか」は恋愛における永遠のテーマ。やっぱり性別を超えた友情って素敵だな〜と思う一方で、異性の友人が多い恋人を持つと不安になるのも確か。みんなはこの問題、どう思っているのでしょう。

婚活アプリ「マッチアラーム」が、20〜30代の独身会員男女836名を対象に、「恋人が異性の友達と遊ぶのはありか?」という調査をしたところ、意外にも「あり」派が多いことが明らかに。一方で、男女の考えの違いや年齢差があることがわかりました。

友情はあると言いたいけど、実際はどちらかに恋心があるのかも?!

男性の約7割、女性の約6割が異性と遊ぶのを容認!!

「恋人が異性の友達と遊ぶのはあり」といういわゆる「友情は成り立つ派」の人は、男性で約7割、女性は約6割という結果に。これを年代別に見ると、若い世代の方が「恋人が異性の友達と遊ぶのはあり」派が多く、30代後半になると、かなり減ることがわかりました。

●恋人が異性の友達と遊ぶのは「あり」ですか?
【男性】
全世代 >>あり 69.7% なし 30.3%
20〜24歳>>あり 73.3% なし 26.7%
25〜29歳>>あり 77.7% なし 22.3%
30〜34歳>>あり 66.5% なし 33.5%
35〜39歳>>あり 65.1% なし 34.9%

【女性】
全世代 >>あり 62.6% なし 37.4%
20〜24歳>>あり 70.7% なし 29.3%
25〜29歳>>あり 65.2% なし 34.8%
30〜34歳>>あり 61.2% なし 38.8%
35〜39歳>>あり 55.6% なし 44.4%

では具体的に、「あり」派の人と「なし」派の人の言い分を聞いてみましょう。

まずは「あり」派の人に、その理由を尋ねてみると、最も多かったのは「男女間にも友情があるから」。確かに、学生時代の友人、趣味の仲間、会社の同僚など、学生や社会人として生活をしていれば、異性の友人っているのが普通ですよね。

<「あり」派の意見>
・「ちゃんと関係を明らかにして、予定を知らせてくれるならありです。異性とのコミュニケーションも時には必要かと思うから」(20代後半女性)

・「友達だったらいい」(30代半ば女性)

・「自分も男友達交えて遊ぶのでそこは束縛できないから」(30代後半女性)

・「付き合いは必要だと思うから」(20代前半男性)

・「交友関係は自由にしたいから。お互いに」(20代前半男性)

・「実際に自分も異性の友達と食事に行くことがあるため」(20代後半男性)

・「束縛しても意味がない。相手を尊重しないと」(30代半ば男性)

・「色々な経験をしてもらいたいので」(30代半ば男性)

中には「職場の交流とかは仕方がない」(30代半ば男性)とか、「仕事柄自分もそういう付き合いが多いから」(20代前半男性)といった、ホンネは「なし」だけど、仕方なく「あり」という人もいました。

では「なし」派の人の言い分はどうでしょう。やはり「浮気問題」が一番気になるよう。嫉妬したり、心配になったり、そういう不安が多くなるのがイヤなようです。ちなみに実際に「浮気されたから」という人もいました。

<「なし」派の意見>
・「心配になるから」(20代半ば女性)

・「浮気になることもあるから」(20代後半女性)

・「二人きりだとへんに疑ってしまうから」(30代後半女性)

・「浮気されないか心配だから」(30代半ば男性)

・「どうしても不安になってしまうから」(30代半ば男性)

・「嫉妬してしまう」(30代後半男性)

意外と「あり」派が多かった今回の調査。恋人同士、しっかり信頼関係が成立っている人が多いのかもしれませんね! 

※情報提供元:「マッチアラーム」調べ