体の異変を知らせる大切なサイン

写真拡大

女性なら、だれもが気になる不正出血。不正出血というのは、月経や出産以外での女性器からの出血を言います。今回はこの不正出血の、原因・症状・病気・治療法に焦点を当てて説明したいと思います。

■ 不正出血の原因・症状・対策方法

◎ 不正出血の原因

不正出血の原因は、大きく分けて3つあります。1つ目は、ホルモンバランスが乱れることによる機能性に問題が起こった場合です。これは、不正出血の原因としては1番多いもので、かなりのストレスを抱えている人や、更年期によってホルモンバランスが乱れることによって、不正出血が起こってしまうのです。2つ目は、病気による不正出血です。3つ目は、排卵期に起こる不正出血です。排卵期には、卵巣から排出されるホルモンが減少します。これは一時的なものですが、このホルモンが減少する事によって子宮内膜から出血が起こります。排卵日前後に2〜3日間の出血がある人は、これが原因と考えられます。

以上の3つが代表的な原因ですが、妊娠中の女性は子宮外妊娠や流産になった場合に不正出血が起こるので、注意が必要です。早めに病院を受診するようにしてください。

◎ 不正出血の症状

不正出血はどのような症状が起こるのでしょうか?赤黒い出血・鮮血・茶色いおりものなどは全て不正出血の症状です。これには個人差がありますが、全ての出血に注意が必要だということはわかっておいてください。女性特有のさまざまな病気は、不正出血を伴うことが多いです。ちょっとでも不正出血がある、という人は何か病気のサインなのかもしれません。早めに病院を受診するようにしてください。

◎ 不正出血の対策

不正出血の対策として一番手っ取り早くできることは、生活リズムを整えることです。働いている女性や、家事・育児に追われている女性は、かなりストレスを感じやすい傾向にあります。そうなると、食生活の乱れや睡眠不足などに陥ってしまうため、規則正しい生活が送れないことが多いです。ストレスを感じたら、そのストレスを発散することが必要です。また、食事は栄養バランスの整った食事を意識し、外食は控えましょう。しっかりと睡眠をとっているのに寝不足のような感じがする人は、睡眠の質が悪いです。寝る前のパソコンやテレビ、スマートフォンは控え、リラックスした状態で眠りにつくと、質の良い睡眠がとれますよ。

このように、ストレスの発散、栄養バランスの取れた食事、質の良い睡眠をとることで、体の免疫力は高くなり、病気になりにくい体になります。自然治癒力も同時に高まっていきます。体の免疫力が上がることによって、精神的にも安定するので、ストレスをあまり感じなくなります。規則正しい生活を送ることを心がけただけで、不正出血が治ったという人もたくさんいるのです。排卵期付近に出血が起こるという人は、しっかりと基礎体温をつけるようにすると、排卵期の出血なのか、それ以外の不正出血なのかがわかりますよ。

■ おわりに

不正出血は、体の異変を知らせる大切なサインです。すぐおさまるだろう、などと安易に考えるのは危険です。不安な場合は、きちんと病院を受診して、調べてもらうようにしましょう。もし病気だった場合には、早期発見が何よりも大切です。

(著:nanapiユーザー・いかくん 編集:nanapi編集部)