ほしのあき&三浦皇成夫妻に囁かれる離婚危機(写真はイメージです)

写真拡大

 抜群のボディとロリフェイスで00年代にグラビア女王ともてはやされたほしのあき(39)。絶頂期だった11年に大人のエロスで13歳下の競馬騎手の三浦皇成(26)を落とし電撃結婚を果たした。現在も仲睦まじく暮らしているのかと思いきや、二人の間には離婚が現実味を帯びているという。

■ネットオークション詐欺事件で活動自粛となった後は…

 11年に電撃結婚を果たし、翌年には長女を出産したことで、あまりの妊娠の早さからデキ婚疑惑まで噂された、ほしのあき。誰もが羨む幸せをつかみ取ったかに思われたが、12年にほしのがネットオークション詐欺に関わっていたことが発覚。

「実際は落札していない商品をネットオークションで落札したとブログに虚偽の書き込みをして警察に事情聴取された。その影響でほしのは活動自粛となりました」(一般紙記者)

 産後はママタレとして順調に活動の幅を広げていた矢先の出来事だった。この事件を機に、ほしのは表舞台から姿を消した。ほしのは夫と茨城のトレーニングセンターの近所でマンション生活をしていたが、

「21歳で結婚した三浦はまだまだ遊びたい盛り。女性と合コンして、泥酔した状態でキスしている写真が週刊誌で報じられて関係に亀裂が入ったそうです」(スポーツ紙記者)

 ほしのは娘を連れて世田谷の実家に戻り、三浦はレースのある週末にほしのの元に戻るという別居婚に。

「もともとほしのは遅咲きの苦労人。ブレイクしたのは30歳を過ぎてからで、若い頃は当時のイケメンJリーガーと付き合っていたらしいです。毎週のように試合会場まで応援に通い、処女を捧げたのもその選手だったとか。結局は二股されて捨てられた過去があるだけに、浮気だけは許せない性格のようです」(芸能事務所関係者)

 ここ数年、何度も離婚秒読みと報じられているが、ついに猯ズЛ瓩瞭麒源が現実味を帯びているという。

「最近は三浦に特定の女ができたようで、週末もほしのの家に戻らなくなり完全な別居生活になっている。三浦はほしのに離婚の意向を伝えているが、養育費や慰謝料、親権の話し合いが成立するまで離婚する気はないそう。話がまとまれば電撃離婚もありえますね」(競馬関係者)

 競馬騎手との歳の差婚で、誰もが羨む幸せを手に入れたかのように思われた、ほしの。芸能活動も自粛となり、三浦の浮気問題も噂される中、今何を思うのだろうか。慰謝料と養育費がもっとほし〜の!?

文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。