先輩ママのアドバイス「妊娠・出産前にしておくべき事」2位旅行、1位は?

写真拡大

妊娠を望む子どものいない女性にとって、妊娠そのものはもちろん、産後の生活は未知の世界。世のママは、一体どんなことを思って日々子育てをしているのでしょうか?

特に、妊娠する前にしておくべきことってどんなことなのか、知りたい方も多いことでしょう。

そこで今回は、富国生命保険が20〜40代の女性500人を対象に行った「妊娠前にしておいて良かったこと」に関するアンケート調査の結果と、2児の母である筆者自身の経験から、妊娠前にしておくべきことについてお伝えします。

 

■“自分のため”に時間やお金を遣っておくのが正解!

10年以内に出産を経験された先輩ママさん500人への「妊娠前にしておいてよかったことがあるか?」という問いに対して、93%が「あり」と答えています。その中で、ママたちが挙げたランキング上位5つは、以下の通りです。

・第1位:自分の時間をとってゆっくりすること・・・52%

・第2位:旅行に出かけておくこと・・・51%

・第3位:婦人科検診を受けておくこと・・・47%

・第4位:体に良いサプリを摂取すること・・・45%

・第5位:医療保険に加入しておくこと・・・40%

意外に思われるかもしれませんが、1位は「自分の時間をとってゆっくりすること」という結果でした。

実際にこのアンケートで聞かれた意見として、「出産後は赤ちゃん中心になり、自分の事をケアする時間がなくなった」というもの。確かに筆者も、出産後は自分自身のケアは後回しでした……。というか、自分のケアをする余裕さえありませんでした。

妊娠する前に、これから訪れるやもしれぬ大仕事へ向けて、英気を養うために旅行へ行ったり、自分のしたいことをしておくことが大事です。育児真っ只中になってから「もっと遊んでおけばよかった……」なんて思って、育児を楽しめなくなってしまわないようにしましょうね。

それと同時に重要なのが、自分の体のメンテナンス。3位以下は全て、自分の体の健康状態を把握してケアし、そしてリスクに備えるといった内容です。

妊娠後はつい自分を後回しにしてしまいがち。筆者は歯の治療をやっておかなかったせいで、妊娠中に歯痛に襲われ大変な思いをしました。

アンケートに答えたママの中で、「一番はじめの検診で子宮筋腫が発見された。妊娠前に保険に入っておくべきだったと後悔しました」という意見もあり、保険に入っておくことで金銭的なリスクの軽減になったのに、という後悔をしているママさんもいるようです。何事も、早めに対策を打っておくことが重要です。

 

■妊娠してから出産までの期間はどうしたら良い?

また、同じママを対象に「妊娠後、出産前にしておいてよかったこと」について質問したところ、アンケートの結果は次のようになりました。

・第1位:母親学級に行くこと・・・67%

・第2位:ベビー服、玩具等子どもの生活用品を購入しておくこと・・・56%

・第3位:チャイルドシートを購入すること・・・50%

第1位になった母親学級とは、妊婦さんを対象に生まれたばかりの赤ちゃんをお風呂に入れてあげる“沐浴”の練習をする実習や、赤ちゃんの服を脱がせたり着せてあげたりする練習を人形を用いて行うものです。母親学級は主に産婦人科医院や市の施設で開催され、最近では両親学級と呼ばれ妊婦さんだけではなくご主人も揃って参加することが推奨されています。

両親学級では、妊娠後期の妊婦さんはこれだけの重りを抱えてお腹がこんなに出て……という妊婦体験が出来るので、両親学級に参加した男性陣は口をそろえて「妊婦さんってこんなに大変なんだ」といいます。

「仕事を休んで参加した両親学級。意外にも男性も多く参加していて、妊婦体験では階段を歩くのが怖かった。出産の日まで、こんな思いをしているのか……と思うと、もっと家のことをやってあげないと……という気持ちになりました」(30代男性・営業職)

妊娠生活の大変さをご主人に理解してもらうには良い機会なので、ぜひ妊娠した際には参加してくださいね。

第2位・3位は赤ちゃんをお迎えするための準備でした。衣服やオムツに始まり、ベビーカーやチャイルドシートはなくては困りますよね。産後は、幼い赤ちゃんを連れて買い物に出られない場合が多いので、前もって買い物をしておくと良いでしょう。

妊娠・出産&口コミ情報サイト『コンビタウン』が実施した“妊娠出産を機に購入したもの”のアンケート結果では、“カメラやビデオカメラ、空気清浄器”といった家電も多く挙げられています。

それに加えて、「生命保険や学資保険の加入を検討した」という方も48%と多数を占めており、産後のバタバタ期を前に、妊娠期間中に必要な買い物を済ませ、保険も見直しておくのが賢い行動だといえるでしょう。

 

いかがでしたか? 妊娠後、そして出産後に後悔をしないためにも、先輩ママたちのリアルな声に耳を傾けて、今のうちに出来ることは積極的にやっておきましょう!

毎日を楽しみつつ、充実した時間を過ごしておくことが、将来の妊娠、そして出産後の生活を送る自分にとって一番有意義な思い出と経験になるのです。

(ライター 清水希枝)

 

【関連記事】

※ やって欲しいことはコレなの〜!妊娠中「夫にお願いしたいこと」4つ

※ えっ…声も聞こえてるの?妊娠中にお腹の子との絆をギュっと強くするテク3つ

※ 幸せホルモンがドバドバ!「健康的な妊娠生活」を送るために必要なこと3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 紫外線ケアだけじゃダメ!? 夏終わりの「肌年齢を左右する」原因は〇〇にあった

※ メイク直しが激減!ありそうでなかった「顔専用」の制汗ジェル

※ 忙しくても「すっぴん美人」!? 今話題の自然派化粧品を美容家が試してみた

 

【姉妹サイト】

※ この2つで一生ラブラブ!夫婦円満の秘訣「一緒に食事」あと1つは

※ 蛭子能収氏の名言に学ぶ!「人間関係に疲れたら」思い出したいこと

 

【参考】

※ 妊娠出産を機会に購入したもの - コンビタウン

※ 「妊娠前にしておいてよかったこと」に関するアンケート調査 - 富国生命保険相互会社

 

【画像】

※ 10 FACE / Shutterstock