16日、中国外交部の陸慷報道官は、熊本県で14日と16日に強い地震が相次いだことを受け、お見舞いのコメントを発表した。写真は地震を伝える新聞。

写真拡大

2016年4月16日、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は、熊本県で14日と16日に強い地震が相次いだことを受け、お見舞いのコメントを発表した。

陸報道官は記者からの質問に対して、「中国は日本の九州地区の被災状況に関心を持っている。犠牲者に哀悼の意を表す。また遺族と負傷した人々にお見舞いを申し上げる。中国はすでに日本側にお見舞いを伝えた。これまでのところ、中国人が被災したという報告はない。引き続き、被害状況に注目していく」と述べた。

熊本県内ではこれまでに34人の死亡が確認されている。(翻訳・編集/北田)