星野リゾートの日本旅館「星のや 東京」大手町にオープン - 和のおもてなしを尽くした空間

写真拡大

星野リゾートの日本旅館「星のや 東京」が2016年7月20日(水)、東京・大手町にオープンする。

[ この記事の画像をもっと見る ]

「星のや東京」は18階建ての「塔の日本旅館」。庭と平屋木造という伝統的な横の展開ではなく、地下2階・地上17階建の縦の空間に旅館の要素を展開し、日本はもちろん、海外から訪れる旅行客にも“和のおもてなし”を体感してもらえる空間を演出する。

日本旅館ならではの生活文化を、美しく切り取っている星野リゾートらしく、「星のや東京」の客室はすべて畳の間。日本の伝統的な建築様式を大切にしながら、現代的なアレンジを施している。日本伝統の和室「百合 / 桜」のクローゼットや障子には竹素材を採用。館内で最も広い「菊」は、各階の奥に位置する角部屋となっており、静かなひとときを部屋で楽しみたい人に最適な部屋だ。

客室から畳の廊下が続くのは、24時間いつでも訪れることができる「お茶の間ラウンジ」。旅館到着直後にはお茶の飲み比べ、夕食後には日本酒と共に…。香ばしい薫りに包まれながら日本茶を楽しめる空間だ。

また、「星のや 東京」近くで楽しめるアクティビティも充実。江戸の伝統工芸を体験するショートプログラムや古地図歩き、星のや専用船でも川下りなど、「EDO」を堪能し尽くせるラインナップが用意されている。

【施設概要】
星のや 東京
オープン日:2016年7月20日(水)
所在地:東京都千代田区大手町1-9-1
客室数:84室
価格:1泊1室 78,000円〜
建築概要:地下3階、地上18階 高さ(最高) 90m
面積:約12,000
施設概要:レストラン・スパ・カンファレンスルームなど
予約受付中
公式ウェブサイト:http://hoshinoyatokyo.com