100年の恋も冷める!?男性がドン引きするアピールの仕方5つ(Photo by lightwavemedia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】女性の必死のアピールも男性からみると迷惑でしかないものがあります。恋愛は2人の気持ちあるからこそ成り立つもの。自分本位にならないアピールをしていきましょう。今回は100年の恋も冷めちゃうアピールをご紹介します。アピールで失敗しないためにもぜひチェックしてくださいね。

【他の記事を見る】長続きカップルの「意外な共通点」5つ

♥自慢話ばかりの会話


好きな人と話す機会は2人の距離を縮める大チャンスです。

しかし、会話の内容が悪ければ逆に距離が離れてしまうので気をつけなければなりませんよ。

特に、男性がドン引きする会話は「自慢話」です。

相手に興味を持ってもらおうと自分のことばかり話してしまってはいませんか?

男性は自分の話をしっかり最後まで聞いてくれる女性に好感を持ちます。

ここは一旦自分の気持ちを抑えて、相手の話を聞く側にまわりましょうね。

♥メールやLINEの一方的な連絡


会えないときでもやり取りができるメールやLINEは非常に便利ですよね。

常に毎日好きな人とは繋がっていたいですが、一方的なメールやLINEは男性をドン引きさせてしまいます。

返事もきていないのに自分ばかりしつこく送ってはいけませんよ。

相手の反応をしっかりチェックしてからメールやLINEのやり取りしてくださいね。

女性は何もなくても連絡を取りますが、男性は用事がなければしないことが多いのだとか。

返信はマメにこないと思っておいたほうが良いでしょう。

また、仕事が忙しかったりとほかの原因があるかもしれません。

メールやLINEでのしつこいアピールは男性の気持ちが冷めやすいので要注意ですよ。

♥周囲に好意を伝える


ほとんどの男性は好意を寄せられて嬉しい気持ちになります。

ですが、間違った好意の伝え方をすると、好きな人との距離が離れてしまうので注意してくださいね。

女性の中には周囲から固めていく方法でアピールする人もいると思います。

周囲に意中の男性が好きだと伝えるのはもちろん大切ですが、やり過ぎてしまうと相手の迷惑になってしまうでしょう。

男性は周囲から「お前のことが好きだってよ」「付き合っちゃえば」と言われると嫌なもの。

お互いの距離が縮まっていないのにもかかわらず、しつこく言われてしまうとうんざりしてしまうでしょう。

♥裏表が激しい


自分と接しているときと他の異性と接しているときの温度差が激しい女性ほど、男性がドン引きしてしまいます。

裏表のある女性は男性だけでなく、同性からも嫌われがちですよ。

好きな人と近づくためには素直な気持ちで接してくださいね。

男性に好かれようと自分をつくるよりも、本当の自分で勝負したほうが男性との距離は縮まりますよ。

女の子らしさを演出しようと努力は大切ですが、やり過ぎは逆効果なので気をつけましょう。

ナチュラルな姿を見せてくれたほうが男性は安心しますよ。

♥周囲にもバレバレのスキンシップ


人には不愉快に感じるスペースがあります。

たとえば、まだ1回しか会っていない人なのにいきなり顔を近づけてくると嫌な気持ちになるでしょう。

お互いの気持ちが同じになっていないにも関わらず、周囲にもバレバレのスキンシップは男性をドン引きさせてしまいます。

わざと胸を押しつけたり、腕に手を絡ませたりなど過剰なスキンシップでのアピールは避けてくださいね。

スキンシップをするなら相手の様子を伺いつつ、適度なものがちょうど良いですよ。

いかがでしたか?

男性へのアピールは相手の様子や気持ちを第一優先に考えなければなりません。

自分の都合で気持ちを押しつける方法は逆効果になりますよ。

以上のやり方に注意しながら、男性にとって心地良いアピールをしていきたいですね。(modelpress編集部)