15日、映画「猟奇的な彼女」の続編となる「我的新野蛮女友」に主演した俳優チャ・テヒョンが、演じるに当たって最大のプレッシャーは「チョン・ジヒョンがいないこと」だったと語っている。

写真拡大

2016年4月15日、映画「猟奇的な彼女」の続編となる「我的新野蛮女友」に主演した俳優チャ・テヒョンが、演じるに当たって最大のプレッシャーは「チョン・ジヒョンがいないこと」だったと語っている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

韓国だけでなく日本や中華圏でもヒットしたのが、01年公開のラブコメディー「猟奇的な彼女」。続編の中韓合作「我的新野蛮女友」が、中国で今月22日に封切りを迎える。続編は前作と同じく、韓国の俳優チャ・テヒョンが主演。「彼女」役には、韓流ガールズユニットf(x)のリーダーで、中国人メンバーのビクトリア(宋茜)が起用されている。

何度も続編制作のうわさが浮上したものの、結局は15年間も実現することがなかった。これについてチャ・テヒョンは、「彼女」役の女優チョン・ジヒョンとの間で、スケジュールの都合が合わなかったからだと語る。15年ぶりに同じ「キョヌ」役を演じることについては、「すでに長い時間が経っているので、演じることについてのプレッシャーは感じなかったが、最大の負担になったのはチョン・ジヒョンがいないことだった」と、相棒の名前を挙げている。

2人の「彼女」の違いについては、「当時の『彼女』は大学生で、今回は結婚後の生活を描いているので、そこが最も大きな違い」とコメント。当時のチョン・ジヒョンはちょうど大学生の年頃で、今回のビクトリアは29歳と若妻を演じるのにいい年齢。このため、「2人はちょうどいい時に、ぴったりな役を演じた」と考えているという。

前作「猟奇的な彼女」で受けた「最もひどい虐待」については、「ハイヒールで歩かされたこと」「チョン・ジヒョンに平手打ちされたこと」と回答。平手打ちシーンの撮影中は、思わず笑ってしまうことがあったが、なぜかクァク・ジェヨン監督はカットせず使用している。このため、「映画を見直してもらえば、僕ら2人がちょっと笑ってる場面があるのが分かると思う」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda)