ハリウッド版実写映画『攻殻機動隊』- スカーレット・ヨハンソンが草薙素子、北野武が荒巻大輔に

写真拡大

ハリウッドで実写化される映画『攻殻機動隊(原題:Ghost in the Shell)』が2017年3月31日より世界で順次公開予定。2016年9月22日(木)には、Paramount Picturesのyoutubeには、ティザー動画が公開された。ファッションプレスでは、全編を記事内で紹介している。

主人公=草薙素子を『アベンジャーズ』や『ルーシー』のスカーレット・ヨハンソンが演じる。黒髪で原作風の髪型になったスカーレット・ヨハンソンの姿が明らかに。映画自体は現在製作中であり、監督は、『スノーホワイト』のルパート・サンダースが務める。また、草薙の他にバトー役にピロウ・アスベック、荒巻大輔役に北野武が決定している。

『攻殻機動隊』原作には複数の派生作品があり、その内どのシリーズがストーリーのベースになるのかは不明だが、今回発表された登場人物の中にクゼ ヒデオの名前がある事から、TVアニメシリーズ「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」が題材となる可能性が高まった。

【作品情報】
『攻殻機動隊(仮)』
原題:GHOST IN THE SHELL
公開時期:2017年3月31日より世界で順次公開
監督:ルパート・サンダース
出演:スカーレット・ヨハンソン、北野武、ピロウ・アスベック、マイケル・ピット他


[写真付きで読む]ハリウッド版実写映画『攻殻機動隊』- スカーレット・ヨハンソンが草薙素子、北野武が荒巻大輔に

外部サイト

  • 映画『羊の木』主演・錦戸亮で実写化 - 木村文乃、北村一輝出演のセンセーショナルな問題作
  • 映画『海賊とよばれた男』主演・岡田准一、 「永遠の0」の山崎貴がベストセラー小説を実写化
  • 【映画】2016年公開の洋画作品まとめ - 話題の新作をアクションからアニメまで一挙紹介