15日、中国メディアの環球網は、日本メディアの報道を引用し、2016年版外交青書に南シナ海問題についての記述があることを伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は外務省。

写真拡大

2016年4月15日、中国メディアの環球網は、日本メディアの報道を引用し、2016年版外交青書に南シナ海問題についての記述があることを伝えた。

記事では、外交青書の中で南シナ海問題について「日本を含む多くお国から懸念が表明されている」との記述があるほか、日本が南シナ海問題を重要な関心事としており、力による一方的な現状変更に対する懸念を示していると伝えた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本人はなんて恥知らずなんだ」
「日本は余計なことに手出しをしているし、野心が強すぎる」
「日本が違法に占拠している沖縄を返還するよう強く求める」

「中国も外交青書で琉球問題を重要な関心事として独立を支持すべき」
「中国は沖縄が日本のものではなく、日本が強制的に占拠したと大々的に宣伝すべき」

「全国の人民は行動しよう。日本製品ボイコットだ!」
「すべての中国人は日本製品をボイコットすべきだ」

「政府は日本への航空便をすべて停止するよう強く要求する」
「日本旅行に行くのをやめて、日本にお金を落とさないようにすべき」

「われわれは敗戦国である日本の自衛隊が海に出てくることに重大な関心を寄せている」
「中国は日本がポツダム宣言とカイロ宣言に違反していると積極的に反撃すべき」

「日本が南シナ海に関心を向けるのは、ご主人の米国のためだろ」
「面倒くさいやつだな。核を使って黙らせちゃえよ」(翻訳・編集/山中)