photo by よっし / PIXTA(ピクスタ)
◆企業研修講師・原田まりるの「エニアグラムで考える対人関係」その1

「〜すべきである」「〜であるべきだ」――。

 厳しい上司の中にはこのような「〜べき」論をぶつけてくる者もいる。

 私が行っているある企業の社員研修で、次のような相談を受けたことがあった。

 相談の内容は、真面目な上司がいることでチームが必要以上にピリピリしてしまうという内容。詳しく話を聞いてみると、真面目で厳しい上司がおり、彼のおかげで質の高いサービスを提供出来てはいるのだが、なにか彼の理想にそぐわないことがあると「ここはもっとこうすべきだ」と逐一細かく指摘されてしまい、チーム全体が重苦しい雰囲気になってしまうという問題であった。

 そこで当の本人(上司のほう)に話を伺ってみると、「もっと完璧にしなければならない」という内なる声のようなものが自分の頭の片隅にあり、物事に対して妥協することができないとのこと。それは自分に対しても他者に対しても同じで、ベストを尽くすのではなく、勤務時間を浪費するように仕事を“こなす”だけの部下を見るとつい指摘をしてしまうということであった。

 エニアグラム視点で考えると、この上司の男性はタイプ1:完璧主義者であると思われる。完璧主義者はその名のとおり、常に100点を目指しつづけてしまう真面目な性格の持ち主で、規律やルールを重んじ、何事もきっちりと取り組もうとする性質がある。そして、他者に怒られたくないから、誰かに認められたいからという理由で、きっちりと取り組むのではなくあくまで自分自身の中から聞こえる「100点を目指さなければいけない」という声に従い、物事を完璧にこなそうと奮起する点が特徴としてある。

◆完璧主義者の上司と付き合うための3つのポイントとは?

 このような完璧主義者タイプの上司と付き合っていく上で理解すべきことは3点。

 1点目は感情に振り回されて批判的になっているのではなく、あくまで事実ベースで批判をしているということ。イライラしているので、周囲に厳しく当たっているのではなく、事実として不十分な点があるので指摘しているので厳しくともその意見は真実でもあるということを理解し、意見を汲み取ることも大切である。

 2点目は、代替案を提示すること。完璧主義者タイプは「絶対に〜でなければいけない」と頭でっかちに思い込んでしまう場合があるので、代替案を提示してあげることで、ゴールへ向かうルートは一つでは無いということを明確に提示するのがベター。こうすることでプレッシャーや思い込みを和らげられる可能性がある。

 3点目は、意見を誤魔化さないこと。指摘されたことに対し、自分に非があれば認め謝る。しかし、意見があるならば明確に伝えることが必要である。完璧主義者タイプは手厳しい指摘をすることもあるが、なにも偉そうぶりたかったり、人を支配したいわけではない。「正当な行いをしたい」という思いが動機となっての指摘なので調子よくおだてるのではなく、自分が正当だと思う意見は伝えた方が良い関係性が築ける。

 尚、自分自身が完璧主義者タイプに該当すると思われる方は、些細なミスをシリアスに思いつめすぎず、何事にも選択肢があると気楽な気持ちで構えてみることが成長につながる。100点を出せなかったから、ダメだ、という◯×思考ではなく、常に100点を目指そうと頑張っている自分の勤勉な姿勢を、自分で褒められるような余裕を、心がけてみてはいかがだろうか。

<文/原田まりる Twitter ID:@HaraDA_MariRU>
85年生まれ。京都市出身。作家・哲学書ナビゲーター。高校時代より哲学書からさまざまな学びを得てきた。著書は、『私の体を鞭打つ言葉』(サンマーク出版)。元レースクイーン。男装ユニット「風男塾」の元メンバー。哲学、漫画、性格類型論(エニアグラム)についての執筆・講演を行う。ホームページ(https://haradamariru.amebaownd.com/)