新型プリウス向けの純正装着タイヤは、ブリヂストン・エコピア(EP150)、トランザ(T002)、ダンロップ(エナセーブEC300+)、トーヨー・ナノエナジーなどがあります。

1

横浜ゴムから4月11日に発表されたのは、ヨコハマタイヤの「BluEarth(ブルーアース)」がプリウスのOEMタイヤとして納入を開始したというニュース。

日本、オセアニア、欧州など向けとして「BluEarth E70」、北米にはオールシーズンタイヤの「BluEarth S34」が用意されます。その他の国には「ASPEC A349」を供給。

装着サイズは「BluEarth E70」が215/45R17 87Wで、「BluEarth S34」がP215/45R17 87V、「ASPEC A349」が195/65R15 91H。

「BluEarth E70」と「BluEarth S34」は横浜ゴムのグローバルタイヤブランド「BluEarth」の基盤設計や材料技術が採用されています。

乗用車用サマータイヤ(BluEarth E70)と乗用車用オールシーズンタイヤ(BluEarth S34)は、低燃費性能を高めながら安全性能と快適性能をバランスさせているのが特徴。また「ASPEC A349」は優れた走行性能や安全性能、快適性を実現した乗用車サマータイヤになっています。

現行プリウスは日本国内では2015年12月9日から発売されていますが、今後も各国・各地域で順次発売されます。

販売台数も多いグローバルモデルだけにOEMタイヤの品揃えは、供給数も含めて充実している方がいいのは間違いないのでしょうが、日本向け仕様の中でも銘柄により若干乗り味が異なりますし、海外向けも含めてどんな乗り心地になるのか、とくにオールシーズンタイヤ(BluEarth S34)あたりは気になるところです。

(塚田勝弘)

ヨコハマタイヤの「BluEarth」も新型プリウスのOEMタイヤに採用(http://clicccar.com/2016/04/16/366496/)