15日、中国新聞網は記事「日本の地震、現時点では香港旅行客の客足に影響なし」を掲載した。九州には香港の旅行ツアー15組が滞在していたが、救援要請などはないという。写真は熊本市の中国人が居住するマンション。地震後の様子。

写真拡大

2016年4月15日、中国新聞網は記事「日本の地震、現時点では香港旅行客の客足に影響なし」を掲載した。

14日夜、熊本県でマグニチュード6.5の大地震が発生した。地震発生当時、九州には香港の旅行ツアー15組が滞在していたが、救援要請などはないという。今後1週間で30組800人の旅行ツアーが九州を訪問する予定だが、15日現在は予定通りの実施が予定されている。

ただし香港の旅行会社は現地の最新情報に注目しており、やむを得ない場合にはツアー日程の変更、または取り消しもありうるとコメントしている。(翻訳・編集/増田聡太郎)