【男女のちがい】これから新しく友だちになりたい人の特徴とは?

写真拡大

春は新しい出会いを楽しめる季節でもあります。出会いを通じて、新しい友だち関係が広がったらうれしいですよね。ではいったい、働く男女が「これから新しく友だちになりたいな」と思っている人とは、どんな人なのでしょうか。社会人男女の意見を、それぞれまとめて紹介します。

<女性が思う「新しく友だちになりたい人」>

■共感できる人

・「婚活仲間? つまり同じ境遇の人」(29歳女性/その他/事務系専門職)
・「漫画やイラストを描くのが好きなので、そういうことをしている人と友だちとなりたい」(30歳女性/その他/専門職)

共感できる相手との会話は、文句なしで楽しいものです! こんな相手を探すことは、決して簡単なことではないからこそ……常にアンテナを張っている方も少なくないのでは?

■程よい距離感の人

・「ベタベタしない自然な人」(31歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)
・「付かず離れずの大人」(29歳女性/その他/その他)

男性と比較して、友だちとの距離が近いと言われる女性たち。とはいえ本当は、「自分のペースを大事にしたい」と思うことだってありますよね。男性同士のような、さっぱりした友だち関係を望む意見もありました。

■本当の自分を見せられる人

・「自分を作らなくてもいい相手」(23歳女性/小売店/事務系専門職)
・「口先だけの付き合いじゃなく本音を話せるような人」(23歳女性/その他/その他)

共感を重視する女性たちは、「自分と異なる者」を友だちとは認めない傾向もアリ。でも本当は……みんな「素直な自分も認めてほしい」と思っているのかもしれませんね。

■刺激を受けられる人

・「あこがれることができるような人と友だちになって、その人を見て自分もがんばりたい」(29歳女性/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)
・「私の知らないことを知っている人。ただし自分の知識をひけらかすのではなくきちんと教えてくれる人」(32歳女性/小売店/秘書・アシスタント職)

友だちとして親しく付き合いながら、しかも自分を成長させられる! こんな友だちがいれば、「理想の自分」に近づくことも不可能ではなさそうです。

<男性が思う「新しく友だちになりたい人」>

■刺激を受けられる人

・「自分とまったくちがう業種の仕事をしている人など。いろいろな話が聞けて楽しそう」(32歳男性/学校・教育関連/専門職)
・「外国人。日本とは異なる文化圏の人とつながることで、自分の考え方も深まると思うので」(32歳男性/マスコミ・広告/事務系専門職)

女性よりも、はるかに多かったのが「刺激を与えてくれる人」という男性意見です。新しい世界を知ることで、男性の冒険心が刺激されるのでしょうか。

■メリットがある人

・「医者などの医療関係の人……健康面で不安になる年齢になったから」(35歳男性/建設・土木/技術職)
・「お金持ち。おごってもらえるから」(37歳男性/機械・精密機器/販売職・サービス系)

サバサバした友だち関係を求める男性特有!? わかりやすく「メリット」を求める意見もチラホラ……。お互いにメリットを供給し合える関係であれば、それはそれでアリなのかも?

■信頼できる人

・「絶対に自分を裏切らない友だち。今までけっこう裏切られることが多かったので」(36歳男性/情報・IT/技術職)
・「裏表のない人。おべんちゃらばかり言う人は信用ならないから」(30歳男性/建設・土木/事務系専門職)

大人の友だち関係だからこそ! 何よりも信頼関係は重要なものです。友だち関係の基本とも言えますが、駆け引き無しで信頼関係を結ぶことって、意外と難しいですよね。

■まとめ

女性が求めている友だちは「本当の自分を理解してくれる相手」、そして男性が求めている友だちは「自分に何らかのメリットをもたらしてくれる相手」と言えそうです。そして男女ともに人気があったのは、「心から信頼でき、そして刺激をもらえる人」! この春、すてきな出会いを経験できたらいいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数385件。22歳〜39歳の社会人男性・女性)