<熊本地震>台湾、県に1千万円寄付  必要な支援「全力で提供」

写真拡大

(台北 16日 中央社)外交部は15日、熊本地震で大きな被害が出ているのを受けて、熊本県に1000万円を寄付すると発表した。同部は他にも必要な支援があれば、全力を尽くして提供したいとしている。

外交部は馬英九総統は15日、駐日代表処(大使館に相当)を通じ、日本の安倍晋三首相に見舞いの言葉を送ったと発表。野党・民主進歩党の蔡英文次期総統も同日、日本の対台湾窓口機関、交流協会に対し、協力が必要な場合は力を尽くすと表明している。

熊本県は2013年、高雄市と国際交流促進覚書を結んでおり、2014年に同市で起きたガス爆発事故や、今年2月の台湾南部地震の被災地に対して義援金を送っている。

(唐佩君/編集:杉野浩司)