前半で4つスコアを伸ばしキョンテを追う近藤(撮影:ALBA)

写真拡大

<東建ホームメイトカップ 3日目◇16日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード ・パー71)>
 三重県にある東建多度カントリークラブ・名古屋で行われている、国内男子ツアー「東建ホームメイトカップ」は3日目に入り、昨年度賞金王のキム・キョンテ(韓国)がトータル9アンダーで首位をキープして後半に入った。
熊本出身の有村智恵は沈痛な表情
 キョンテを追うのが前半だけで4つスコアを伸ばしている近藤共弘。トータル6アンダーの2位に浮上した。池田勇太、永野竜太郎がトータル5アンダーの3位タイで続く。
 4アンダーにはこの日6つ伸ばしているI・J・ジャン(韓国)、3アンダーグループには武藤俊憲、貞方章男、川村昌弘、熊本地震で被災地となった熊本市に住む重永亜斗夢らがつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>