虫歯や歯周病にかかっている場合、臭いの強い物を食べると、一時的に口臭が強くなる。しかしそれらは、少なくとも朝晩の1日2回、最低2分間の歯磨きや、歯科医での相談を受けながら、自分に合った歯の磨き方と舌のクリーニング法などを学ぶことで解消される。つまり、本人の努力次第で改善されるというものがほとんど。
 ところが、今回紹介するのは、本人が知らないうちに喉の奥に溜まってしまう異物が、とてつもない悪臭を放つというもの。体験者の1人は、その原因について「腐った魚の死骸が浮かぶ下水道のような、強烈な臭いのする“白い塊”」だと証言する。

 その“白い塊”とはどんなものか。専門家はその正体を「膿栓」という代物だと言う。
 耳鼻咽喉科専門医の笹島雅彦氏が説明する。
 「喉の奥の左右にある扁桃(口蓋扁桃)は、口や鼻から侵入してきた細菌、ウイルスから身体を防御する役割を持っています。この扁桃は、吸い込んだ細菌やウイルスと効率よく戦うために表面積が大きくできており、いくつものくぼみがあるのです。そのくぼみに細菌の死骸や血液、口内で剥がれ落ちた皮膚、食べ物のカスなどが溜まって塊になったのが『膿栓』です。この、いわば“ゴミの塊”に細菌が繁殖し、さらに大きくなると異臭を放つようになり、喉の奥の違和感や口臭の原因になるわけです」

 こんな例がある。
 40歳になるサラリーマンの下川耕太郎さん(仮名)は、幼い頃から扁桃に炎症が起こりやすく、季節の変わり目になると風邪を引くことが多い。今年の冬も風邪にかかり、喉が強烈に痛くなった。
 何日かして症状はピークを越えたのに、何となく喉の奥に違和感が残り、まだ腫れているのだろうと思っていた。そんなある日、絡んだ痰を吐き出そうと大きく咳をすると、口の中から直径3ミリほどの“白い塊”が飛び出してきた。
 初めて目にした謎の物体…。しかもそれは、とんでもなく強烈な臭いを発するものだった。気持ちが悪いので行きつけの耳鼻科クリニックを受診。そこで初めてその物体が「膿栓」であることを知らされた。

 下川さんは興味本位で「膿栓」を綿棒で潰してみたところ悪臭に見舞われたが、医師の説明によると、扁桃のあるくぼみの大きさや位置によって異なるものの、基本的には誰にでもできるものだという。
 「この塊自体は病気ではありませんし、そのままにしておいても問題はありません。多くの場合、咳やクシャミ、うがいをしたときなどに、気付かないうちに排出されたり、食事と一緒に飲み込んでしまうことがほとんどです」(前出・笹島氏)

 しかし、「膿栓」には強い悪臭を放つという性質があるため、口臭の一因となる。“下水の臭い”と言う人もいれば、“大便や足の爪に溜まるアカ”など、その臭いを例えればひどいものばかり。