予想できる「不幸」はそれほど辛くない?

写真拡大

人生では様々な痛みや辛さを経験する。突然の事故もあれば、試験の不合格や療養中の身内の死など予想できる不幸もある。人間は予想していた痛みには、結構耐えることができ、むしろ先行き不透明の「不確実性」方が、ストレスが高い――そんな結果を示す研究がまとまった。

英ロンドン大学のアーチー・ドバーカー教授らのチームが、英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」(電子版)の2016年2月9日号に発表した。

「先行きの不透明」は「確実に来る痛み」より心身に悪い

人間は、将来何が起こるか分からない不安にいつもさらされている。「不確実性」が与えるストレスの研究は、これまでネズミに不規則に電気ショックを与える実験などが知られていた。

そこで研究チームは今回、人間を対象に巧妙な実験を編み出した。45人の被験者に協力してもらい、コンピューター画面に表示される2個の石の画像を見せ、どちらの石の下にヘビが隠れているかを当てて点数を競うゲームをした。石の下にヘビがいた場合は、予想は当たったのだが手の甲にハチに刺されたほどの痛みの電気ショックが加えられる。予想がはずれて石の下にヘビがいない場合は、電気ショックがこない。

つまり、被験者はたえず次のストレスにさらされるわけだ。

(1)どちらの石にヘビがあるかわからない不安(不確実性のストレス)。

(2)正しい回答をする(ヘビが現れる)と与えられる痛み(予想できるストレス)。

(3)回答を間違うと体に痛みは感じないが、予想できなかった不安(不確実性のストレス)。

さらにチームは、複雑な数理モデルを駆使し、被験者にヘビがいるかどうか予測する手掛かりになるパターンをいくつか作った。これらのパターンには完全に不規則なものと、経験を積むと予測できるものの2種類あった。人生同様に、「予想できる痛み」と「不確実な痛み」をつくったわけだ。

不確実な危機に対応するのに有利に働く

電気ショックによるストレスの度合いを測るため、被験者の瞳孔の大きさの変化を調べた。人間は痛みや恐怖を感じると、脳から「ストレスホルモン」のノルアドレナリンが分泌され、瞳孔がカッと開くことを利用した。

こうして45人に数百回実験を繰り返した結果、驚くべきことがわかった。被験者が「ヘビがいる」と当てて電気ショックを受けた時のストレスと、予想が外れて電気ショックを受けなかった時のストレスは、ほとんど同じだった。予想どおりに感じた体の痛みは意外に弱くて、予想が外れた時の心の痛みとあまり違わなかったということだ。

これはどういうことを意味するのか。ドバーカー教授はこう説明する。

「不確実性がストレスに及ぼす影響が非常に強いことを物語っています。電気ショックを受けるか受けないか確実に分かっている場合より、分からない場合の方がはるかに身心に悪いということです。実験では、不安のレベルの高い人ほどヘビがいることを当てるゲームの得点が高い結果が出ました。人間が進化の過程で、生きる上ではストレスが不確実な危機に対応するのに有利になるよう働いてきたことを示しています」。