故カート・コバーンの娘が離婚申請  

写真拡大

フランシス・ビーン・コバーンが離婚申請したことがわかった。

交際期間も含めて約5年間

ニルヴァーナの故カート・コバーンとコートニー・ラヴの娘フランシスが、2014年6月に結婚した夫のイザヤ・シルヴァ(31)との結婚生活にピリオドを打つことになったとTMZが報じている。  

提出された離婚申請の書類には、ロックバンドのジ・アーリーズで活躍するイザヤが、推定4億5000万ドル(約507億円)とされるカートの遺産を手にいれようと試みるべきではないと明記されている一方で、フランシスがイザヤへ配偶者扶養料を払うことはかまわないと取れる内容になっているようだ。

フランシスは18歳になった2010年8月に、1994年に27歳で亡くなった父の遺産の37パーセントを含む信託資金の管理する権利を得ていた。

交際期間も含めて約5年間関係を続けたフランシスとイザヤは、子供はもうけていない。

フランシスと母コートニーは、数々の衝突の末に袂を分かっていたが、最近では一緒にいる姿が目撃されている。コートニーはフランシスとイザヤの結婚後にその事実を知ったといわれていた。ある関係者は当初「コートニーとフランシスは長年張り詰めた関係でしたが、沢山の喧嘩を重ねた結果、今は実際仲が良くなりました」「コートニーはそこに居合わせることができなかったのが悲しかったようですが、フランシスは自分の道を進んでいることを完全に理解を示していますし、フランシスが自分のことしていることに満足しています。それに、イザヤは本当に素晴らしい人物です」と話していた。

Written&Photo by bangshowbiz