組合せ抽選会が行なわれた翌日、U-23代表の手倉森監督はG大阪対柏戦を視察に訪れた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全5枚)

 
 4月15日、J1リーグ7節のG大阪対柏にU-23代表の手倉森誠監督が視察に訪れ、前日に行なわれたリオ五輪のグループリーグ組分けについて率直な想いを語った。対戦3か国のイメージから、注目を集めるオーバーエイジの人選、そして国民に向けたメッセージまで、話は多岐にわたった。
 
■グループB
スウェーデン(欧州予選優勝)
コロンビア(南米予選準優勝)
ナイジェリア(アフリカ予選優勝)
日本(アジア予選優勝)
※グループA〜Dの組分けは、最終ページを参照。
 
■グループB対戦日程
8月5日(金) ナイジェリア×日本@マナウス/10:00
8月8日(月) 日本×コロンビア@マナウス/10:00
8月11日(木) 日本×スウェーデン@サルバドール/7:00
※時間は日本時間
 
―――◇―――◇―――◇―――
 
――組合わせを受けて、率直な感想は?
 
 良い相手だなと思った。勝ち上がっていきたい時に、我々の立場からすれば、一段ずつ駆け上がっていきたいという相手が並んだ。まぁ強豪揃いですけど。
 
――気になっている相手は?
 
 予選を見たら、最初に当たるナイジェリア。メキシコ(五輪/1968年)の銅メダルの時は、ナイジェリアに勝ってメダルまでたどり着いている(グループリーグ初戦で対戦し、釜本のハットトリックで3-1と勝利)。それ以降のオリンピックでは、ナイジェリアに負けていて、ナイジェリアはメダルを獲っている。キーになる国だなという意識はある。
 
――今日、G大阪対柏の視察に来た理由は?
 
 この間のキャンプで、この両チームから招集をかけていなかった。U-23の選手たちをまずみたいなというのと、あと情報取集。井手口(陽介/G大阪/MF)がどうか気になっていますし。
 
――オーバーエイジの採用が決まりましたが、求めるものは?
 
 世界と戦えて、若い選手たちの可能性を高めてくれる選手が必要だと思う。オーバーエイジと言うぐらいだから、経験がある選手なわけで、その経験を十分落とし込んでもらいたい。
 
 
 
――U-23代表のチーム作りの手応えと、リオ五輪に向けた抱負を。
 
 最終予選を終えてから、ポルトガル遠征と清水キャンプをやった時に、間違いなく彼らは短い期間で成長してくれているという手応えは感じている。ただ今の時点で勝てるかという点に関しては、まだまだ準備がなっていない状況。トゥーロン国際大会や6月の親善試合など、確かな手応えを掴むのはこれからだと思う。
 
――対戦3か国(ナイジェリア、スウェーデン、コロンビア)のイメージは?
 
 ナイジェリアはフィジカルがあって、しなやか。テクニックも十分にあり、この大会を制しているだけあって優勝候補という気がする。
 
 コロンビアは南米国らしく、局面での駆け引きやずる賢さが相当ある印象。前回のワールドカップで日本の敗戦を考えれば、どうしても我々、弟分が借りを返しにいかないといけない相手。そんなメンタル的要素もある。
 
 スウェーデンは、組織立っていて長いボールのサッカーをしてくる印象。高さに耐えうるメンバーを揃えないといけない要素を生み出している国でもある。
 
――この前の合宿で、監督は「対戦相手が決まれば、自ずと選ぶ武器も決まってくる」と語っていました。
 
 スポルティグ戦で植田(直通/鹿島/DF)を右SBで起用した時、あれはスウェーデン用だって言ったら、本当にスウェーデンと同じ組になったという(笑)。あらゆる準備を、18人という絞られたメンバーのなかで最大限引き出せる構成が必要になってくる。