15日、AP通信によると、岸田文雄外相は同日、ロシアのラブロフ外相と東京で会談し、来月で調整している安倍晋三首相の訪ロの後に両国の高官による平和条約締結の交渉を始めることで合意した。資料写真。

写真拡大

2016年4月15日、AP通信によると、岸田文雄外相は同日、ロシアのラブロフ外相と東京で会談し、来月で調整している安倍晋三首相の訪ロの後に両国の高官による平和条約締結の交渉を始めることで合意した。

岸田外相とラブロフ外相は、平和条約締結の交渉について来月の安倍首相の訪ロ後に、両国の高官による交渉をできる限り早い時期に始めることで合意した。会談後の共同記者会見で、岸田首相は北方領土問題の前進に意欲を示した。一方、ラブロフ外相は、ロシアは日本との領土問題について対話を継続する用意があると述べたが、北方領土の帰属は第二次世界大戦の結果に基づくというロシアの立場は変わらないと語った。

この報道に、米国のネットユーザーからは、「ロシアは、日本が第二次世界大戦で米国に降伏した後に奪った北方領土を日本に返すべきだ」「北方領土が日本に返還されることはない」「日本は米国に隷属している状態だから、米国がロシアを敵とみなしている限り、日本がロシアと正常な外交関係を持つことはできない」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/蘆田)