スマホなどAndroidデバイスとの親和性も

写真拡大

サムスン電子ジャパンは、18.4型Androidタブレット「Galaxy View(ギャラクシー・ビュー)」を2016年4月15日にダイワボウ情報システム、シネックスインフォテックを通じ法人向けに発売した。

WEB会議や営業先でのプレゼン、双方向サイネージなどに

大画面の18.4型フルHD(1920×1080ドット)液晶ディスプレイを搭載しながら、背面にハンドルを装備するなど持ち運びやすいデザインを採用。利用シーンに合わせて立てて・寝かせて使用できる「2WAYスタンド」を備える。

210万画素カメラとステレオスピーカーを備え、専用機材不要でWEB会議などを始められるほか、営業先でのプレゼンテーションや双方向デジタルサイネージ(電子看板)などに適するという。

OSは「Android 5.1」をプレインストール。メモリーは2GB、内蔵ストレージは32GB。microSD/SDHC/SDXCメモリーカードスロット(最大120GB)を備える。IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1をサポート。連続動画再生なら約8時間可能な容量5700mAhバッテリーを内蔵する。