14日、中国教育部は15年に202カ国・地域出身の各種外国人留学生合わせて39万7635人が中国国内31省にある811の大学・科学研究機関・その他機関で学んだことを明らかにした。写真は天津医科大学で行われた留学生のための卒業式。

写真拡大

2016年4月15日、人民日報海外版によると、中国教育部は14日、2015年に202カ国・地域出身の各種外国人留学生合わせて39万7635人が中国国内31省(自治区・直轄市)にある811の大学・科学研究機関・その他機関で学んだことを明らかにした。

【その他の写真】

統計データによると、2015年、中国で学ぶ留学生の数は大幅に増加し、留学生出身地の構造も絶えず合理化している。2014年に37万7054人だった各種外国人留学生は、2015年に2万581人増え、増加幅は5.46%に達した。

留学生出身地の範囲は安定しており、「一帯一路(1ベルト、1ロード)」沿線国家からの留学生が増えてきている。2015年、留学生の出身国・地域数は、2014年の203カ国・地域とほぼ変わらなかった。留学生出身地トップ10は前年と比べてやや変化があり、上から順に、韓国・米国・タイ・インド・ロシア・パキスタン・日本・カザフスタン・インドネシア・フランスだった。

中国政府からの奨学金を受給して中国で学んだ留学生は、182カ国・地域の4万600人だった。(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/武藤)