「冷たさ」と「通気性」にこだわり、速乾性を高めた!(写真は、「CB6010」)

写真拡大

東京西川(西川産業)は、日本気象協会が推進する「熱中症ゼロへ」プロジェクトの公式寝具に認定されている、「ひんやり」素材の冷感寝具シリーズ「COOL TOUCH(クールタッチ)CB6010、CB6020」の新商品を、2016年4月中旬から順次発売する。

「COOL TOUCH」は、寝苦しい夏の夜でも快適な睡眠をサポート。睡眠中の熱中症対策にオススメの冷感寝具シリーズ。新商品は、従来品より「冷たさ」(接触冷感)と「通気性」にこだわり、速乾性を高めた。

素早く熱を拡散する接触冷感素材の「高分子ポリエチレン」に、やわらかな肌ざわりのレーヨンをミックス。さらに中綿を使用せず、メッシュ素材を2層にしたWメッシュ構造を採用。Wメッシュ構造を進化させ、従来品より通気性を約3倍アップした。通気性が上がったことで、乾きやすく洗濯時間が短縮できる。また、「高分子ポリエチレン」の配合率を変え、熱伝導率が異なる2タイプを展開する。

「冷感パッドシーツ(エアーサイクロン使用)」には、表生地は接触冷感素材「高分子ポリエチレン」と裏生地は体積の97%以上が空気層で換気効果が高い「エアーサイクロン」を組み合わせたパッドシーツを新採用。「冷感ケット」にも、接触冷感素材の「高分子ポリエチレン」を使用。高密度な生地を使用することでやわらかさがアップした「冷感キルトケット」と、「クールパイル」を使用した、さらっとした肌ざわりの「冷感パイルキルトケット」を新たに採用した。

色は、ブルーとピンク。サイズは、シングルからダブルまでを展開(セミダブルとダブルの色はブルーのみ)。

価格は、「CB6010」の冷感パッドシーツが1万円。冷感キルトケルトは8000円、冷感ピローパッド は4000円。「CB6020」は、冷感パッドシーツが1万5000円、冷感パイルキルトケット1万円、冷感ピローパッドが4500円(いずれも、税別)。