14日、韓国の国民的MCとして知られるユ・ジェソクが韓国の元慰安婦らに5000万ウォンを寄付したとの報道に、韓国のネットユーザーから称賛のコメントが相次いでいる。写真は中国・南京利済巷慰安所旧跡陳列所。

写真拡大

2016年4月14日、韓国・イーデイリーなどによると、韓国の国民的MCとして知られるユ・ジェソクが、韓国の元慰安婦らに5000万ウォン(約480万円)を寄付したことが分かった。

【その他の写真】

韓国の元慰安婦らが共同生活を送る京畿道の「ナヌムの家」は14日、ホームページを通じ、ユ・ジェソクから寄付を受けたことを明らかにした。寄付額は5000万ウォンで、「ナヌムの家」が進める「日本軍慰安婦被害者人権センター」設立募金に3000万ウォン、被害者の福祉支援に2000万ウォンが充てられる。

ユ・ジェソクは2年前に2000万ウォンを、昨年には「日本軍慰安婦被害者追慕館」の設立のため4000万ウォンをいずれも「ナヌムの家」に寄付しており、今回の寄付を合わせると総額は1億1000万ウォン(約1050万円)に上る。「ナヌムの家」の安信権(アン・シングォン)所長は、この寄付額は個人としての過去最高額だと明らかにし、「ユさんは外部に知られるのを避けていたが、善行に感謝する意味でこのニュースを伝える」とした。

これを報じた韓国の各メディアは、「すでに(寄付)3年目」(国民日報)、「寄付王ユ・ジェソク」(ザ・ファクト)、「美談の自販機(自動販売機のように美談を生み出すという意)」(アジア経済)などユ・ジェソクの寄付を絶賛、ネットユーザーからも称賛の声が多数寄せられている。

「ユ様、本当にすごい」
「ユ・ジェソクを国会に送ろう」
「誰でも他人のためにお金を使うのは難しいことなのに5000万ウォンとは。さすが格が違う」

「尊敬する」
「大統領より上だ」
「だてに国民的MCじゃないね」
「分かち合う生き方を見習いたい」

「いくら財産持ちでも気持ちが大事。続けることが大事だよね。ユ様、カッコいい!」
「横でテレビに出てる人たちもちょっとは見習ったら?ユ・ジェソク一人じゃ大変だよ」
「政府がすべきことをなぜ芸能人がするんだ?韓国政府は一芸能人よりも無能ということか」(翻訳・編集/吉金)