20年でアルファ・ケンタウリに探査機到達を目指すプロジェクト

写真拡大

数千個の超小型探査機に地上からレーザーを照射することで、4.37光年離れたケンタウルス座アルファ星に20年で到達する「ブレークスルー・スターショット」計画が発表された。ホーキング博士など著名な科学者が多数参加している。

太陽系に最も近い恒星系のケンタウルス座アルファ星(アルファ・ケンタウリ)は、地球から4.37光年離れている。現在の技術でここに到達するとしたら、7万8,000年かかってしまう。だが「ブレークスルー・スターショット」と呼ばれるプロジェクトでは、今後40年でそこにたどり着きたいと考えている。

「20年でアルファ・ケンタウリに探査機到達を目指すプロジェクト」の写真・リンク付きの記事はこちら

ロシアの慈善家ユーリ・ミルナーが率いる科学者と起業家からなるチームが、スマートフォンサイズの小型探査機数千個を打ち上げる斬新な計画を発表した。打ち上げられた探査機は、地球周回軌道から太陽系外惑星を目指すことになる。

プロジェクトの発表は、4月12日(米国時間)にニューヨークで開催された報道機関向けのイヴェントで行われた。この日は、ユーリイ・ガガーリンが人類として初めて宇宙に到達してから55回目の記念日だった。

ブレークスルー・スターショット・プロジェクトの支援者には、宇宙物理学者のスティーヴン・ホーキングやフェイスブックの最高経営責任者(CEO)マーク・ザッカーバーグも名を連ねており、両者はその役員も務めている。

数千個の小型探査機は、地球周回軌道に入ると、薄くて軽い帆を広げる。広げた帆が地上から放たれた強力なレーザー光を受け、これを推進力として、光速の5分の1の速さで移動するという。

この速度なら、米航空宇宙局(NASA)の探査機「ニュー・ホライズン」が到達するのに9年以上かかった冥王星に3日で到達し、20年後にはケンタウルス座アルファ星に到達するという。

各探査機は重さ1gで、製造コストもスマートフォン1台分を少し超える程度。カメラ、光子スラスター、電源、ナヴィゲーション、通信機器を搭載する。

ただし、このミッションに必要な技術は、まだほとんど存在していない。このプロジェクトに関わっている研究者たちは、技術の開発に20年、ケンタウルス座アルファ星に到達するのに20年、収集したデータが地球に返送されるのに4年かかると見積もっている。

ブレークスルー・スターショットのウェブサイトには、いくつもの課題が記載されている。重量1g以下の2メガピクセルカメラの開発や、プルトニウム238またはアメリシウム241で稼働する極小バッテリー、薄くて強いライトセイル(宇宙帆)の開発、100ギガワットのレーザー照射施設の建設などはその一部だ。

このプロジェクトには、数学者のフリーマン・ダイソン、ノーベル物理学賞を受賞したカリフォルニア大学バークレー校の天文学者ソール・パールムッター、NASAエイムズ研究センターの前所長ピート・ワーデン、ハーバードの天文学者アヴィ・ローブ、王室天文官のマーティン・リースなども参加している。

ブレークスルー・スターショットには、50〜100億ドルに及ぶ莫大な費用が必要と見積もられている。当面の研究資金として、ミルナーが1億ドルを出資した。

ホーキング博士は以前、ミルナーが率いる「Breakthrough Listen」プロジェクト(日本語版記事)にも協力している。これは、今後10年のうちに宇宙の知的生命体からの信号を探るという1億ドルのプロジェクトだ。