15日、北朝鮮の挑発に対抗するべく米空軍が韓国に配備するとしたはずの世界最強の戦闘機が、韓国上空を1度は飛んだもののその後1機も韓国国内の基地にとどまっていないことが判明した。写真はF−22戦闘機。

写真拡大

2016年4月15日、北朝鮮による4度目の核実験を受け米空軍が韓国に配備するとしたはずの世界最強の戦闘機が、韓国上空を1度は飛んだもののその後1機も韓国国内の基地にとどまっていないことが判明した。韓国・ニュース1は、「国民がすっかりだまされた」と報じている。

韓国軍の関係者によると、今年2月、F−22戦闘機4機が朝鮮半島上空に展開したものの、うち2機は飛行後すぐに、また米軍が「しばらく(for a while)韓国にとどめる」としていた残りの2機も、韓国の烏山空軍基地に4時間程度とどまった後に沖縄の米軍基地に戻ったという。

F−22は世界最強クラスと言われる米軍のステルス戦闘機。これを韓国に展開することは、北朝鮮による度重なる挑発に対し、その中枢をいつでも撃つことができると示すメッセージとしての強い意味を持っていた。そのため韓国メディアはこれを歓迎ムードで大々的に報じ、F−22が烏山基地に着陸した際には米韓の空軍トップが会見を行った。

しかしふたを開けてみればほぼ戦闘機の飛行ショーにすぎなかった事実に、韓国軍のある関係者は「当時、基地での話が誤って伝えられたようだ」とし、別の関係者は「そもそも烏山基地にはF−22が長期間展開できるだけの設備も技術もない」と説明している。

これについて、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「朴槿恵(パク・クネ)大統領の政治の仕方はもう分かってるよ」
「韓国は朝鮮時代の田舎者軍隊だ」
「いつまで米国が落としたパンくずを拾って食べ続けるつもり?」

「選挙前だからってずいぶんなことをしたね」
「韓国は政府も軍隊も抜けている」
「情けない国防部」

「壬辰倭乱(文禄・慶弔の役)で明に頼り切っていた国と何も変わらない」
「烏山基地では食事とトイレ休憩だけ?」
「そもそも2機で北朝鮮を防げると思ってたのかな?そんな政権、もう消えてくれ」(翻訳・編集/吉金)