『エンド・オブ・キングダム』 米大統領の乗るヘリがテロリストの標的に! (C) LHF Productions, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

2013年に公開され、完全無欠の“ホワイトハウス”が陥落するという斬新な設定と、迫力あるアクションで全米No.1スタートを皮切りに、全世界で爆発的大ヒットを飛ばした『エンド・オブ・ホワイトハウス』。その待望の続編『エンド・オブ・キングダム』のヘリコプターが登場するアクション映像が、「ヘリコプターの日」である本日4月15日に解禁となった。

[動画]解禁となった映画『エンド・オブ・キングダム』ヘリアクション映像

ホワイトハウス陥落の悪夢から2年──。今度は舞台をホワイトハウスからイギリス・ロンドンに移し、製作費も大幅アップ! イギリス首相が不可解な死を遂げ、葬儀のために各国首脳陣が大集結したロンドンで、史上最大の超厳戒態勢の中、同時多発テロが勃発。またもや米国大統領ベンジャミン・アッシャーと、大統領のシークレットサービスのマイク・バニングが命を狙われ、決死の逃亡を繰り広げるというストーリー。

大統領のシークレットサービス、マイク・バニングにジェラルド・バトラー、大統領のベンジャミン・アッシャーにアーロン・エッカート、副大統領アラン・トランブルにモーガン・フリーマンと、前作に引き続きハリウッドを代表する豪華キャストが再集結。さらにはシャーロット・ライリー、ジャッキー・アール・ヘイリーら実力派キャストが新たに参加。これ以上ない万全の布陣が整った。

解禁となった映像は、大統領専用ヘリコプターのド迫力空中アクションシーン。テロリストの襲撃により、ロンドンに集まった世界各国の首脳たちが次々と倒れていく中、命からがら逃げて来て、ヘリに乗り込む大統領とバニング。だが、ホッとしたのもつかの間、今度は空中戦が勃発。四方八方から撃ってくる敵のミサイルを、回避兵器フレアによって次々とかわすダイナミックな飛行シーンだ。

だが、やがてフレアも底をつく中、ロックされたミサイルから大統領が乗っているヘリを守るため、自ら被弾する2号機ヘリの捨て身の行動が描かれた、緊張感あふれる感動シーンになっている。

軍事情報専門誌「軍事研究」大久保氏によると、空路における大統領の警護に関しては、地上での警備と同じように安全が確保されていないコースは避け、不審者を近づけさせないことが肝要だという。そして、今回解禁された特別映像のように、フレア射出と同時に母機も急旋回し、ミサイルの視野から外れる戦法は、赤外線ミサイルに対する防御としては有効な手段と言えるそうだ。

『エンド・オブ・キングダム』は5月28日より新宿バルト9ほかにて全国公開となる。

【関連記事】
ホワイトハウスの次は各国首脳が集まるロンドンがターゲット!
[動画]映画『エンド・オブ・キングダム』予告編
『エンド・オブ・ホワイトハウス』ジェラルド・バトラー インタビュー
[動画]ジェラルド・バトラーがノリノリ!鈴木奈々、ハリセンボンにハグハグハグ