左から張小月氏、李大維氏

写真拡大

(台北 15日 中央社)5月の民進党政権発足に伴い行政院長(首相)に就任する林全氏は15日、台北市の党本部で記者会見を開き、新内閣の一部の人事を発表した。

新しい外交部長(外相)に、李大維・駐オーストラリア代表(大使に相当)が、台湾の対中国大陸政策を主管する大陸委員会の主任委員には、対米窓口、外交部北米事務協調委員会の張小月主任委員が就任することになった。

2氏ともベテランの外交官で、李氏は、国民党の李登輝政権で政府報道官も兼ねた行政院新聞局局長を、民進党の陳水扁政権では駐米代表を務めた。

一方の張氏は、外交部初の女性大使・報道官・次長として知られており、駐英代表だった2009年には中華民国(台湾)旅券所持者のノービザでの訪英を実現させた。

この日は、次期総統の蔡英文氏も会見し、安全保障政策を担当する国家安全会議の事務方トップに呉ショウ燮・民進党秘書長(幹事長)を充てる人事などを明らかにした。(ショウ=金へんにりっとう)

(唐佩君、葉素萍/編集:羅友辰)