15日、中国北京市で起きた天安門事件を記念して香港に開設された「六四記念館」が今年9月までに閉館することが明らかになった。写真は天安門。

写真拡大

2016年4月15日、仏RFI(中国語電子版)によると、中国北京市で起きた天安門事件(1989年6月4日)を記念して香港に開設された「六四記念館」が今年9月までに閉館することが明らかになった。

同記念館は事件から四半世紀たった2014年4月に開館した。開設先はビルの5階で、広さは74平方メートルほど。これまで訪れた見学者の数は約2万人に上る。主催者は閉館理由として資金的問題などを挙げており、開館当初から続くビル側との裁判に莫大な費用がかかっているという。AFP通信によると、同記念館の入居先は事務所として使用するよう法的文書で定められている。(翻訳・編集/野谷)