14日、韓国の朴槿恵大統領の支持率が大幅に下がっていることがわかった。写真は15年9月、上海を訪れた朴大統領。

写真拡大

2016年4月14日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率が大幅に下がっていることがわかった。15日付で環球網が伝えた。

韓国の世論調査機関リアルメーターが同日に発表した調査結果では、セヌリ党の支持率が31.8%と選挙前から2.1ポイント下がった。一方、最大野党の共に民主党の支持率は30.3%と3.3ポイント上昇。野党第2党の国民の党も2.4ポイント上昇した。

このほか、選挙戦の大敗で朴大統領の支持率が35.6%と前週から4.1ポイント下がり、過去8カ月で最低となった。朴大統領の政策にマイナスの評価を与えた回答者は、前週から4.5ポイント増えて57.8%となった。(翻訳・編集/北田)