「タダタダタダヨウガニ」が深海をうごめく、世界初の映像

写真拡大

パナマ沖の水深300m以上の海底に生息する「レッドクラブ」の大群の様子が、世界で初めて映像として撮影された。レッドクラブの習性を知るための新たな手がかりとなるかもしれない。

「「タダタダタダヨウガニ」が深海をうごめく、世界初の映像」の写真・リンク付きの記事はこちら

2015年4月、3人の科学者たちが探査機に乗り、パナマ沖から水深300m以上の海底に降下した。

科学者たちは、さまざまな種類の生き物が観察できると期待に胸を弾ませていた。そんな彼らが目的地に選んだのは、ハンニバル海山。平らな頂をもつこの海山は、ほかではお目にかかれない多様な動植物に富んだ「海のジャングル」だ。

彼らの潜水艇「Deep Rover 2」は、透明で巨大な泡のような外見をしている。潜水艇が北西の山腹に近づいたとき、海底に不可解な何かが見えた。さらに近づいた彼らは、それが、海底の堆積物を蹴りあげるカニの大群であることに気づいた。

DNA解析により、このカニは、通称「レッドクラブ」や「ツナクラブ」と呼ばれるヤドカリの仲間(学名:Pleuroncodes planipes:日本での愛称は「タダタダタダヨウガニ」[PDF])であることが判明した。

この集団がいたのは深い海の酸素が非常に薄い場所で、こんな場所で生物を見かけるのは珍しいという。またこの場所は、レッドクラブがよく見かけられるメキシコ沖からも離れていた。

研究グループはこのときの体験を、『PeerJ』に4月12日付けで発表された学術論文で説明している。説明によれば、レッドクラブの「密度の高いパッチ(局所集団)」は以前にも観察されており、その直径は7〜16kmにも及ぶという。しかし、レッドクラブのパッチが映像に収められたのは今回が初めだ。また、通常の生息域からこれほど南に離れた海域で発見されたのも今回が初めてだという。

映像の綿密な分析を行った研究グループは、彼らが目撃したパッチはあらゆる方向に何十メートルにも広がっており、最も密度が高いポイントでは1平方メートルあたりに約77匹の個体がいたと算定した。

レッドクラブたちは積極的に「交流」を行っており、この群れが生まれた背景には何らかの社会的な理由があったのかもしれないということを示唆している。パッチは通常、交尾などの活動と関連づけられているからだ。

昨年、研究グループがハンニバル海山でこの群れを発見したのとほぼ同時期に、エルニーニョ現象の影響で、大量の群れが南カリフォルニアの海岸に打ち上げられた。そしてこの群れは、研究グループが観察したレッドクラブと同じ種であることがわかった。レッドクラブは特定の季節にパッチや群れを形成しており、昨年は、そのなかのある不運なグループが海岸に打ち上げられたということを意味しているのかもしれない。

Watch this on The Scene.