8月のリオデジャネイロ五輪へ向け、強化を図るU−23日本代表が4月13日、J2の清水エスパルスと練習試合を行なった。4月11日から3日間行なわれた強化キャンプの最後を締めくくったのが、この試合である(結果は1−1の引き分け)。

 今回のキャンプでメインテーマとなったのは、新戦力の発掘とチーム力の底上げだ。手倉森誠監督もキャンプの収穫について問われ、「(リオ五輪登録メンバーの)候補者の幅を広げられた。まだまだこの世代に競争相手がいるんだと理解できた」と語っている。

 U−23日本代表は1月に行なわれたアジアU−23選手権で優勝したとはいえ、その内容は薄氷を踏むような戦いの連続で、アジアレベルの相手にさえ、かなり苦しめられた。リオ五輪本番を見据えたときには、チームとしての完成度を高めることはもちろんだが、選手個々のレベルアップが求められる。

 そこで、今回のキャンプでは今季のJリーグ(特にJ1)で出場機会を増やしている選手を中心に、アジアU−23選手権には出場していなかった選手が数多く招集された。

 なかには、このチームに招集されること自体が初めてという選手も含まれていたが、短期決戦の世界大会を戦ううえで、伸び盛りの"旬"な選手を見逃さないことは大事な要素。新たなシーズンに入って台頭してきた選手が注目すべき対象となるのは、当然だ。

 そんな注目株のひとりが、FW富樫敬真(横浜F・マリノス)である。

「初めてみんなと一緒にやらせてもらって、自分の持ち味はある程度出せた」

 今季J1ですでに2ゴールを記録している気鋭のストライカーは自らそう語ったように、清水との練習試合でも積極的にボールを呼び込み、チャンスを作っていた。

 ノーゴールという結果には、「チャンスはあったので決めたかった。もう少し冷静になれていたら......」と悔しさを強くにじませながらも、「(後半45分間だけの出場で)もっとやりたかった。もしもう一回チャンスがあるなら、次は必ず点を取りたい」と意欲的に語る表情は、悔恨半分、充実半分といったところ。従来のメンバーに挑戦状を叩きつける形となった富樫は、こう続ける。

「この(代表の)ユニフォームを着てやれるのはすごくうれしかった。でも、これを練習試合ではなく、公式戦で着たい。その思いがより一層高まったし、今まで以上に五輪への思いが強くなった」

 リオ行きを目指すのは、もちろん、初招集組ばかりではない。

「国際大会に出ることは目標。U−17、U−20のW杯には出られなかったので、何としてもリオ五輪に出て活躍したい」

 そう語るのは、MF野津田岳人(アルビレックス新潟)である。

 野津田は10代のときから年代別日本代表の常連であり、長らく同年代の選手たちをリードする存在として活躍してきた。しかし、2009年U−17W杯には最終的に登録メンバーから漏れて出場できず、2013年U−20W杯には日本がアジア予選で敗れたため、出場できていない。

 現在のU−23代表においても、チーム立ち上げ当初から主力としてプレーしていたが、相次ぐケガで戦線離脱することも多く、1月のアジアU−23選手権にも出場していない。それだけに、リオ五輪にかける思いは強い。

 今季開幕後に、より多くの出場機会を求めてサンフレッチェ広島から新潟へ期限付き移籍したのも、そんな気持ちの表れだ。野津田は語る。

「今回の代表合宿が勝負の場所だと思っていた。ここで結果が出せるか、アピールできるかで、次につながる大事な合宿。思い切って結果にこだわってやった」

 清水戦でのU−23日本代表唯一のゴールを決めたのは、その野津田だった。

 後半の45分間に出場した野津田は、味方がファールを受けた瞬間、相手DFの足が止まったのを見逃さず、DFラインの裏のスペースに走り込むと、素早いリスタートからのパスを受け、冷静にシュートを流し込んだ。

「若い選手は自分たちの得意なプレーで勝ちたいと考えてしまいがちだが、ああいうインサイドワークを身につけないと。隙を突かないと世界では勝てない。彼(野津田)には隙を突く姿勢があった」

 手倉森監督がそう言って称える貴重な同点ゴールである。野津田自身も「久しぶりに代表に来て、ゴールできたのは自信になる。ゴールに向かって積極的にプレーできたのが得点につながった」と納得の表情を見せ、強い口調でこう続けた。

「(代表に選ばれるかどうかの)危機感はあった。結果を残さないと、次はないと覚悟を持っていた」

 劇的なリオ五輪出場権獲得から、およそ3カ月。しびれるような戦いを勝ち上がった選手たちは称えらえて然るべきだが、だからと言って、彼らにリオ行きの権利が無条件に与えられるわけではない。

 それどころか、新戦力がどれだけ加われるかが、チーム力アップのバロメーターになると言ってもいいだろう。富樫や野津田をはじめ、アジア予選には出場していない選手の活躍が従来のメンバーを刺激し、選手選考の基準をさらに高いレベルへと引き上げていくことになる。

 手倉森監督も「候補者の幅を広げたことで自分の(選手を選ぶ)仕事が困難になった」と笑いを誘いながらも、こう語る。

「(代表に)選ばれたいという気持ちだけでは物足りない。世界を倒しに行くんだという気持ちを持ってほしい」

 5月にはガーナ代表との親善試合を行ない、その後、フランスで開かれるトゥーロン国際大会に出場するU−23代表。国際試合を重ねる中で、アジア仕様から世界仕様へのチームの転換が図られ、それに適応した選手の見極めが行なわれることになる。

 はたしてリオ行きに名乗りをあげるのは誰か。リオ五輪メンバーの選手選考は来月、いよいよ佳境を迎える。

浅田真樹●文 text by Asada Masaki