WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 マスターズの最終日は毎年、会場となるオーガスタ・ナショナルGC内のあちらこちらで歓声がこだまする。そのつど、別の場所でも「誰がイーグルを取ったのだろう?」とどよめき、「もしや、誰かが池に落としたのか?」と想像してざわめきが起こる。

 優勝争いがバックナインに入っていくと、その歓声は一層大きくなる。だが今年の最終日、首位でスタートしたジョーダン・スピース(22歳/アメリカ)の12番パー3でのプレーには、大きな悲鳴が会場中にこだました。それはおそらく、世界中に広がったのではないだろうか。

 スピースは、前半の6番から4連続バーディーを奪うと、通算7アンダーとし、2位に5打差をつけて大会連覇へ独走態勢に入った。

「(連覇の)夢が現実となったようなフロントナインだった。だから、バックナインはパープレーでいければ勝てると思った。それが、間違いだった......」

 スピースの、そんな心の隙を"オーガスタの魔女"は見逃さなかった。

 オーガスタの11番〜13番の3ホールを「アーメンコーナー」と呼ぶ。「神に祈るようにプレーしないと、無事に通り抜けられない」と言われているからだ。そしてそこには、「魔女が棲む」と言われる。

 少し早い魔女の悪戯か、スピースはバックナインを迎えて10番、11番と連続ボギーを叩いた。「それでも、まだ勝てると思っていた」とスピース。

 迎えた12番パー3(155ヤード)。グリーン手前にクリークのあるホールだ。

 スピースが最初に打ったティーショットは、グリーンをショートすると、傾斜を下って水面へと転がり落ちた。瞬間、ため息交じりのどよめきがパトロンから起こった。

「9番アイアンでドローを打とうと思ったのに、ひどいスイングをしてしまった」

 頭を抱えたスピース。第3打は、ピンまで80ヤード地点にドロップした。

 仕切り直しての一打。スピースがフルスイングしたショットは、クラブが地面を強く叩いた。完全に打ち損ねたボールは、グリーン手前のクリークに再び飛び込んだ。今度はパトロンから大きな悲鳴が上がった。

「何が起きたのかわからなかった。ものすごくダフッてしまった」

 第5打もグリーンをオーバーし、奥のバンカーに入れてしまった。結局、6オン1パットの「7」。スピースは1ホールで4つもスコアを落として、首位の座をダニー・ウィレット(28歳/イングランド)に譲った。

 スピースはその後、スコアをひとつ伸ばしたものの、最終的に通算2アンダーの2位タイ。今年はグリーンジャケットに袖を通すことができなかった。

 思い出したのは、ちょうど20年前、1996年大会におけるグレッグ・ノーマン(オーストラリア)の言葉だ。

「アドレスに入ったとき、頭が真っ白になって、突然何をしているのか、わからなくなってしまった」

 最終日を首位で迎えたノーマンは、2位のニック・ファルド(イングランド)に6打差をつけていた。ところが、その日「78」と大きく崩れて、ファルドに逆転優勝を許してしまったのだ。このときも、ノーマンが12番のティーショットを池に落としている。

 他にも、マスターズには数々の悲運のドラマがある。1956年は、4打のリードがあった首位ケン・ベンチュリー(アメリカ)が「80」の大叩き。ジャック・バーク(アメリカ)が逆転で勝利を飾った。

 1985年は、首位カーチス・ストレンジ(アメリカ)が4打リードで最終日を迎えながら、13番、15番とふたつのパー5で池ポチャ。勝利を逃した。

 記憶に新しいのは、2011年。初日からトップを快走していたロリー・マキロイ(北アイルランド)が、最終日にまさかの大失速。後続に4打のリードがありながら「80」を叩いて、シャール・シュワーツェル(南アフリカ)に栄冠を譲ってしまった。

 かつてのドラマが頭をよぎる中、今年も夕日が沈みかけ、オレンジ色に輝く18番グリーンで表彰式が行なわれた。

 無念の敗北を喫したスピースは終始うつむいていた。それでも、ディフェンディングチャンピオンとして、優勝したダニー・ウィレットにグリーンジャケットを着せる役目を立派に果たした。

「運命の女神はダニーを選んだ。そして、ダニーの勝利は素晴らしかった。だけど、あんなにつらい表彰式を経験した選手は、きっと他にはいないと思う。この負けから立ち直るには、しばらく時間が必要だ」

 涙をこらえながら、そう言ってコースを立ち去ったスピース。6月には、再び連覇がかかる今季メジャー第2弾の全米オープン(6月16日〜19日/ペンシルベニア州)が待ち受けている。この経験を生かすも殺すも、彼次第である。

武川玲子●文 text by Takekawa Reiko