DARPA、空中の母機から発射・撤収可能なドローン編隊を計画

写真拡大

DARPAは、空中で発射し貨物輸送機に撤収できる、新しいタイプの再利用可能な無人機(UAV)編隊のプロジェクト「Gremlins(グレムリン)」を開始し、4つの企業チームを選んだ。

「DARPA、空中の母機から発射・撤収可能なドローン編隊を計画」の写真・リンク付きの記事はこちら

米国防総省高等研究計画局(DARPA)は、小型ドローン編隊が空中の母機から発射され、任務が終わると撤収されるプロジェクトを開始し、4つの企業を選んだ。

このプロジェクトには、「Gremlins(グレムリンズ:機械を故障させる小鬼)」という不吉な名前が付けられている。「飛行が認められていない(例えば敵国の)」領空上で、情報収集活動のために、貨物輸送機や爆撃機などの軍用機から複数機を空中発射できるというものだ。

ミッションが完了すると、これらのドローンは最長で3時間後に撤収エリアに戻り、貨物輸送機「C-130」に収容される。

DARPA戦術研究室(TTO)のプロジェクト責任者を務めるダン・パットは、「空中プラットフォームからドローンの発射と回収が可能であれば、小型無人システムの範囲と有効性を大幅に拡張でき、一斉発射的な(volley-quantity)UAV展開が可能となるでしょう」と述べている。

「一斉発射」というのはつまり、「ドローンの群れ」のことだ。任務に合わせてカメラやセンサー、電子機器を調整できるモジュラーペイロード機能を備えたこれらのドローンは、互いに通信しながら協力して作業を行い、衛星を通じて基地へデータを送信。基地で情報が解析される。

DARPAはGremlinsの要件として、1機あたり約70万ドルのドローンを、それぞれ20回再利用できることを求めている。ただし、費用がかかる長期間向けの耐久力を考慮せずに設計するということではない。この新しいUAVでは既存技術を採用し、コストを考慮しながら、必要な最低限の改造によって発射・回収を実現すると見られている。

DARPAは昨年秋に企画案を募集しており、このほど選考で4つの企業チームに絞り込んだことを発表した。業界大手ロッキード・マーティンのほか、Composite Engineering社、Dynetics社、General Atomics Aeronautical Systems社だ。

General Atomics Aeronautical Systems社はUAV専門メーカーで、有名な米軍の無人偵察機「プレデター」を製造している。Composite Engineering社は軍用のターゲットドローンを製造。Dynetics社が注力しているのは、航空学の研究と、ロケットおよび衛星の技術だ。

各社チームは今後1年をかけてそれぞれのアイデアを開発していく。DARPAはその後2チームに絞り込み、その選考に残ったチームはさらに構想を煮詰めていく。最終選定は2020年までに行われる予定だ。その後しばらくしたら、空には不吉なグレムリンたちが飛び回るようになるだろう。