14日、子役出身女優のグアン・シャオトンが難関大学にトップ合格。しかし、公開した合格証に誤字があったため、偽造ではないかと疑われている。写真はグアン・シャオトン。

写真拡大

2016年4月14日、子役出身女優のグアン・シャオトン(関曉[丹彡])が難関大学にトップ合格。しかし、公開した合格証に誤字があったため、偽造ではないかと疑われている。鳳凰網が伝えた。

【その他の写真】

香川照之も出演した映画「故郷の香り」(01年)で子役デビューしたグアン・シャオトン。映画「PROMISE 無極」(04年)で天才子役として知られるようになり、その後も数々の映画やドラマに出演してきた。父親も俳優、祖父は古典楽器の奏者として有名で、芸術一家の出身だ。

今年2月には、女優ヴィッキー・チャオ(趙薇)や俳優ホアン・シャオミン(黄暁明)らを輩出した映画大学・北京電影学院を受験。この合格発表が行われ、最も競争率の高い演技科にトップ合格したことが明らかになった。しかし、ネット上で公開した合格証では、出身民族を記した欄が「名族」と誤記されており、このため「偽造ではないか?」と疑惑が持ち上がった。

この疑惑に対し、グアン・シャオトンのスタッフがインタビューに答え、「合格証はもちろん本物だが、なぜ誤字が含まれていたかは分からない」と回答している。(翻訳・編集/Mathilda)