和歌山・新宮市の『ブックカフェ クジュウ』

写真拡大

 書店もアイデア勝負の時代。東京だけでなく地方でも、個性的な書店が奮闘している。廃校舎で金曜と休日だけオープンしているのは、和歌山・新宮市にある『ブックカフェ クジュウ』。教室の中だけでなく廊下にも本が並ぶ。

 和歌山・南紀白浜空港から車で1時間半。同店は山に囲まれ、コンビニも郵便局も見あたらない辺鄙な場所にある。それでも営業日の金土日祝日になると、かつて校庭だった駐車場には、和歌山はもちろん、大阪、滋賀、名古屋といった他県ナンバーも含めて常時10台ほどの車が並ぶ。

 2011年9月の紀伊半島大水害によって九重小学校は水没し、解体が決定した。そこに待ったをかけたのが一橋大学大学院で地域活性化を研究し、同年4月から和歌山・熊野川町にIターンをしていた柴田哲弥氏だった。

 7か月間役所に足を運んで許可を得て、最初はカフェを開業。その後、京都の個性派書店『ホホホ座(当時はガケ書房)』の店主と出会ったことで、書店併設のブックカフェに姿を変えた。

 開業にあたり、他の廃校舎からも本棚などの設備を集めたため、かかった費用はごくわずかだった。

「選書は『ホホホ座』に任せています。車で30分走れば書店があるので、市内で買えるベストセラーなどは置かず、本のジャンルは3か月ごとにガラッと変えます」(柴田氏)

■撮影/渡辺利博

※週刊ポスト2016年4月22日号