8アンダー単独首位にたった永野竜太郎(撮影:ALBA)

写真拡大

<東建ホームメイトカップ 2日目◇15日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード ・パー71)>
 男子ツアーの国内開幕戦『東建ホームメイトカップ』2日目。初日同組でともに6アンダー首位に立った永野竜太郎、重永亜斗夢がハーフターン。全体的にスコアが伸び悩むなか永野は前半で2つスコアを伸ばし、トータル8アンダーで単独首位に立った。
【関連フォト】熊本出身の永野竜太郎、重永亜斗夢は揃って初日発進
 重永はスコアを2つ落としたものの、午前組ですでにホールアウトしている朴ジュンウォン(韓国)と並び4アンダー2位。首位と5打差4位タイグループには池田勇太、キム・キョンテ(韓国)、薗田峻輔、貞方章男がつけている。
【2日目中間順位】
1位:永野竜太郎(-8)
2位T:重永亜斗夢(-4)
2位T:朴ジュンウォン(-4)
4位T:池田勇太(-3)
4位T:キム・キョンテ(-3)
4位T:貞方章男(-3)
4位T:薗田峻輔(-3)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【国内女子】熊本開催女子ゴルフ、バンテリンレディスは大会中止が決定
【国内女子】LPGA、熊本地震へ今後のチャリティを検討 次週は現状開催予定
【国内女子】「怖くて…」女子プロゴルファーが語る地震発生の夜
【ギア】今季からクラブ契約フリーの池田勇太 アイアンはヨネックス?