ワンコの育てやすさは仔犬期の教育で決まる!? 月島の犬専門ようちえんで「入園式」が開催されるよ!

写真拡大

月島にある犬専門のトリミングやホテル・一時預かりなどのサービスを提供するボヌール・デ・シアンでは、ワンコの幼児教育を目的としたようちえんの「入園式」を2016年4月16日(土)に開催するんだって〜!

「犬に幼児教育」というと、少し「過保護すぎるのでは?」というイメージがあり、犬のようちえんってほんとに必要なの? と思った方も多いのでは。

しかし実は、生後3ケ月齢くらいの仔犬は驚くほど学習能力が高く、成犬が何十時間もかけて覚えることを数分で覚えることができるのだそう。そのため、ここで間違った学習をしてしまったり、学習すべきことを学習しないことで、将来問題が起きてしまうことが多いんですって。

【14.7%は「飼育放棄」による引き取り】

また近年の「犬の殺処分の状況」を見てみると、2014年度に引き取られた犬53,173頭のうち、7,843頭が飼い主からの「飼育放棄」による引き取りで、全体の14.7%に相当する数字です。(環境省 自然環境局の資料より抜粋)

ワンコがまだ幼犬のうちに、人間との暮らしがうまく行くようにしつけ、教育できれば、守れた命もあったかもしれません。逆に言えば、きちんとしつけをすることで、ワンコと飼い主はもっと一緒に暮らしやすくなるのだ!

【犬のようちえんではこんなことを】


ボヌール・デ・シアンのようちえんでは、それぞれの仔犬にあったやり方とペースで、基本的なしつけ(アイコンタクト・お座り・フセ・マテ・呼び戻し・ちょうだい・クレートトレーニング・お散歩トレーニング・初めて体験トレーニング・いろんな音に慣れるトレーニングなど)と、ヘルストレーニング(歯磨きトレーニング・爪切り・耳毛抜き・ブラッシング・体のどこでも触らせるなど)を行います。

【お得なキャンペーン中だよ】

公式ホームページを覗いてみると、今なら「入園料の半額キャンペーン」と「1日体験入園の無料キャンペーン中」の文字が!(2016年4月15日現在・入園料には連絡帳を含みます。)

「入園式」当日は、入園するわんちゃんに幼稚園の衣装をきせ、写真撮影も行うそうです! 気になった方は参照元の公式ホームページで詳細を確認してみてくださいね。

参照元:ボヌール・デ・シアン、アットプレス
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

画像をもっと見る